【2018年6回目】ドキドキのバレンタインデー

2月14日(水)

今日は中将たちの授業参観日。

水曜日ということで、率先して午後からの授業参観を志願。

10時に上がれば、余裕で間に合う。

いひひ。

先週、”東京の船長さん”が良型のアマダイを釣り上げた、ごく近場のベイトてんこ盛りエリアに的を絞る。

最近は良き相棒になりつつあるTGベイトで攻めると、開始間もなく、ドンsign03

Dscf4386

軽いながらもマダイ特有の首振りを楽しめた。

ベイトてんこ盛りの合間に、たまに単体反応も映る。

しばらくして、ボトムでドンsign03

アワせた瞬間の重量感がハンパ無い。

「ナイス・バレンタインデーsign01

「どうせ会社に行ったって、露骨な義理チョコしかもらえないし、このファイトが最高のプレゼントだぜsign01

なんてドキドキしながら楽しんでたら、残り1色のところでフックアウト。

じゃなくて、TGベイトをロストcrying

正直、平日だし、ブリを釣ったところで持ち帰るのは考えモノだけど、顔は拝みたかったし、何よりも高価な相棒を失ったショックがデカい。

気を取り直して、予備の相棒をセット。

ホウボウを2つ連れてきてくれたところで終了。

Dscf4387

何なんだ。このブレブレ。


Dscf4388

|

【2018年4回目、5回目】迷船頭日記

新年開幕はブログ更新が好調だったのに、いきなりの3ヶ月サボリ。

1月28日(日)

今日は、ゆかいなYさんが大将丸に乗船。

息子さんが優秀な学校に入学が決まった、とのことで、何としてもお祝いのマダイを釣ってもらわなくては。

すごいプレッシャーを感じながら操船。

開始早々にYさんがアマダイをキャッチheart01

しかしその後は、バイトが遠く、、、、

「息子さん、お父さんの背中を見て、相当な危機感を感じて猛勉強したんですね。」

「いや〜。Yさん、反面教師の成功例ですよ。本書けますよ。」

「僕も、娘の前では、ダメな親父を演じようかな。」

なんて、会話が弾んでるところで沖上がりの時間。

Yさん、懲りずにまた乗って下さいsign01

2月4日(日)

今日は、”東京の船長さん”が大将丸に乗船。

何とか船長さんに船頭を務めてもらうべく交渉したものの、結局は小将が船頭に。

2週続けてプレッシャーを感じながら出船。

今日は早いうちから風が吹き出す予報なので、早く勝負をつけないと。

ちょっと深めのエリアを目指すものの、ごく近くのベイトてんこもりのエリアについついトラップされてしまう。

で、さすが船長さん。

いきなり50センチ近いアマダイをキャッチsign01

「このポイントでアマダイ?」と船頭がビックリしてしまったが、平然と、あたかも狙い通りだった体を装う。

出だしは良かったものの、予報通りに風が吹き出して終了。

「アマダイを釣らせる名船頭ですよ。」

「あと1時間できたら、どれだけ釣れてたか。きっとエラいことになってたハズ。」

「今日はたくさん教わりました。」

なんて、今思うと確かに言われたような気がして、記事を書きながらちょっと照れてしまった。

|

【2018年3回目】ついに会話も無くなった

1月21日(日)

今日もマダイの顔を拝めるかな?

「この時期はジアイを逃すと取り返しのつかないことになるから気を抜くなよ。」と大将に言うつもりが、先に言われてしまい、ちょっとムカツキながら出航。

まずは先週にバイトがあったエリアに向かうも、反応が全く見えない。

その周辺の起伏のあるエリアでも全く反応が見えない。

「大丈夫、あと3時間もある。」

大将に声を掛ける。

「ジアイ何時かな〜。」

大将はジアイを心待ちにしている感じ。

「まだまだ2時間30分もある。」

「あと2時間ある。」

「あと1時間30分・・。」

何時しか、船上には30分毎に残り時間を知らせる小将の声しかしなくなった。

かと言って、他に掛ける言葉が見つからない。

この沈黙を破って、ついに大将が言葉を発した。

「移動しろ。」

なぜか船頭が素直に従ってしまう。

「はい移動。」

「はい移動。」

「魚探見てないくせいにエラそうに言うな、バ〜カpout

と、心で大声で叫びつつ、全く反応が無いので素直に従う。

すると、到着したばかりなのに、大将がタイラバを回収し始めた。

こっちはまだ着底していないのに、また移動の指令か。

このポイント、一体何が気に入らなかったんだろう。

と考えてたら、大将のタイラバに魚が掛かってた。

Dscf4374


沼津名物のジャンボとまではいかないが、なかなかの型。

なのに、何も言ってくれない。

「おいおい。バイトがあった時、乗った時、ちゃんと声に出して盛り上がって行こうぜ。」

と言うも

「明らかにマダイじゃないし、あんたみたいに、何でもはしゃげない。」

「・・・。」

そして、この後は

「あと30分。」

「あと10分。」

「あがろう。」

結局、小将はノーバイトで終了。

でもsign03

マリーナの心優しいみなさまから心温まるお年玉を頂いて、帰りの車中では、二人で晩ご飯のメニューを考えたりして大いに盛り上がりました。

Dscf4375

”東京の船長さん”からは、ヤリイカ。

ジャイアンさんからは、自身が釣った特大カンコの1/1000スケールのユメカサゴ。

アカムツキラーのTさんからは、シロムツとムツ。

みなさま、本当にどうもありがとうございましたsign01

|

【2018年2回目】おめでタイ!

1月14日(日)

いや〜。

今日は寒い。

ほんと寒い。

厚手の靴下2枚にさらに年代物のカッチカチのカイロを貼り付けて

足元完璧のハズが、ウェーダーからビミョーに浸水して、結局寒い。

で、釣りの方も寒い。

先週60〜70mラインではマダイのバイトを得られなかったので、今日はちょい深めを探る。

でも反応を見つけられずに、結局60〜70mラインに入る。

ここは反応はあるけど、食ってくれない。

で、また沖へ。

あきらかに迷走。

夫婦の会話も無くなったところで、大将が「あ〜っ!!!!!」

貴重なバイトを捉えて乗せたのに、すっぽ抜けたらしい。

この時期はジアイは一瞬なので気合を入れる。

すると、また大将が「すまん!!!!」

またすっぽ抜けたらしい。

ボトムからだいぶ巻いたところらしい。

やっぱ食い気がないのかな?

なんて考えてたら、ドンsign03

がっちりあわせて、今年の初マダイsign01

Dscf4372

ダンディなショット。

その後、大将がまたまた「うそ〜!!!!」

すっぽ抜けらしい。

それを聞いた直後に、小将にもヒットするも、一瞬ですっぽ抜け。

これで終了。

やっぱこの時期は、一瞬のジアイにきっちり対応できないといかんな。

今年は大将に勝てそうだ。

|

【2018年1回目】今年の初物は、、、

1月7日(日)

今さらながら、あけましておめでとうございます。

今年こそ、ブログの更新をタイムリーに、、できるかな?

今日は近所に住んでる中将たちの友達家族が遊びに来るし、釣り初めだしマダイを獲りたい。

初物は何かな〜。

フォールでヒットsign03

でも、軽い・・・。

Dscf4364

記念すべき2018年初物がコレとは・・・。

その後、寒さと、晩ご飯のおかずのプレッシャーと戦いながら

小将がハタ

Dscf4365

大将がカサゴ

Dscf4366

どっちも姿造りにして、何とかカッコついた(かな?)

|

【2017年44回目】まさかの釣り納め

12月24日(日)

今日を入れて、釣り納めまであと2回。

釣り納めはタイラバでマダイをやるとして、今日はジグの修行だ。

大将はタイラバ、小将はTGベイト。

今日はフォールかな?巻きかな?なんて2人で話しながら3時間経過。

ちびハタとエソだけsign01

Dscf4359


Dscf4360

沖揚がりまで1時間を切ったところで、魚探反応が良くなってきた。

と同時に、やっとヒットsign01

嬉しいハタちゃん。

Dscf4361


その後、大将はフックアウトcrying

残り5分となったところで、さっきのハタよりも暴れるファイト。

大好きなホウボウちゃんsign01

Dscf4362


終了間際の美味しい白身魚2種にちょっと満足して帰港。

帰港後、鳥山ハンターSさんに、良型のシロムツを2つ頂いて、豪華な晩ご飯確定sign01

よ~し、次の釣り納めはマダイ1本sign01なんて考えてたら、結局この日が釣り納め。

マリーナメンバーのみなさん、みなさんのお陰で、今年1年も楽しく釣りが出来ました。

2018年もよろしくお願いしますsign03

|

【2017年43回目】ブリ第二弾

12月10日(日)

タイラバリベンジ。

大将も一緒に行くつもりだったけど、朝起きたら寒気がするというので、急きょ単独釣行。

なんか釣れそうな気がする。

タイラバを装着して1投目。

フォールのバイトを捕らえられなかった。

ちょっと油断してたな。

ここのところフォールのバイトが多いし、フォール重視のTGベイトにチェンジ。

流し直した1投目。

妙な重みで上がってきたのは、まさかのヒラメちゃんsign01

Dscf4353


45cmだけど、夏よりも身が厚くて、超嬉しいsign01

その後、マダイの反応がバンバン出るも、ノーバイト。

風も無くなって船が完全停止してしまったので、河口に移動。

すぐにヒットsign01

ホンモノにご満悦sign01

Dscf4354


流し直さずにそのまま釣っていると、突然ボトムに凄まじい反応が出現。

絶対に喰う、って呟くと同時にヒットsign01

大将丸をくるくる回しながら水面に顔を出したのは、90UPのブリsign01

Dscf4356


血抜きが終わったところで帰港。

朝イチの判断が正しかったのかな?

気持ちの良い釣りだった。

|

【2017年42回目】大将ドキドキ

12月3日(日)

大将とタイラバ。

先週の小将のマダイ2枚を見て、「これなら釣れる」と確信したらしい。

ということで、実績の無いヘッド、ユニットを大将に渡す。

1時間経過。

全くバイトが無く、船中気まずい雰囲気。

ここで、ヘッドを重くするついでに、大将のヘッド、ユニットを実績のあるやつに交換。

よっsign01小将sign01良い男sign01

ちょっとして、ボトムから10m上に青物っぽい反応が出る。

と、小将、痛恨のフックアウト。

フォールで喰ってきた。

直後、大将がボトムで喰わせたsign01

「2m、いや3mのマダイ」と言いながら、ようやく水面に顔を出したのはワラサ。

Dscf4350


久しぶりの強い引きに、かなりドキドキしたようだ。

ま、さっき小将がバラさなければ、このドキドキは味わえてなかったけどな。

その後、大将はしっかりマダイをキャッチ。

Dscf4351


小将は、、、、。

TGベイトを回収したら、ジグと同じサイズのイトヨリが釣れてた。

Dscf4352


まったくもって、つまらない。

|

【2017年41回目】久々のマダイちゃん

11月26日(日)

もうショゴに未練は無い。

近くでタイラバを巻くことにした。

時期的に深場に行くか悩んだけど、60~70mラインを攻めてみる。

反応は薄いけど、起伏の激しいエリアを繰り返し流していると、懐かしのバイトsign01

型は小さいけど、満足満足。

Dscf4342


その後、いくつかのショートバイトの後に、、、

満足満足。

Dscf4343


ジアイ?も過ぎて、しばらくダラ~ん。

お土産はあるので、TGベイトでボトム狙い。

狙い通りにアマダイ2つ獲れて、これまた満足満足。

Dscf4345

Dscf4346


やっとTGベイトを武器に出来そうな予感がしてきたぞ。

|

【2017年40回目】う~ん。再び。

11月19日(日)

ショゴを求めて、再びアジポイントに向かう。

うねりが大きい。

かなり怖い。

おまけにベイトも居ない。

う~ん。マンダム。

マリーナ前に戻りがてら、ティップランでアオリ1つ。

Dscf4339


タイラバでハタ1つ。

Dscf4340

もうショゴは釣れないのかな。

|

【2017年39回目】う~ん。。

11月12日(日)

再びショゴを求めて、アジポイントに向かう。

しかーし、ベイト反応一切無しsign01

エソ1つで終了。

う~ん。マンダム。

|

【2017年38回目】ブリ捕獲

11月1日(水)

今日は自分へのご褒美で平日釣行。

ショゴを求めてジグ。

前回のアジポイントに行くと、アジだかウリンボだか、ベイトは居る居る。

信頼の2Wayで攻めると、2流し目でドンsign01

朝イチから、そこそこのファイトで、超楽しいsign01

で、水面に姿を見せたのは、、、ショゴというか、自分なりにカンパチサイズsign01

どこからがカンパチか不明だけど。

が、ネットを持ったところで、フックアウトcrying

手が震えながら、流し直した1投目。

ドンsign01

今度はやや軽くて、、、ショゴsign01

Dscf4326


ばっちりとフッキングしているのを確認した後、連れて上がってきた相棒ともどもネットで掬おうとしたけど、やっぱりダメ。

ま、さっきよりもサイズダウンだけど、狙い通りのショゴに満足。

その後も飽きない程度にバイトが出る。

やっとフッキングしたのは、オオモンハタsign01

Dscf4329

手応えバッチリでネットインしたのは、50UPのイナダのダブル。

Dscf4328


つまりブリsign01

その後はカマスの群れにも当たって、楽しさMax.sign01

Dscf4327


そして今度は、さっきのブリ並の引きが再びsign01

が、、、なぜかPE高切れで、信頼の2Way殉職crying

姿が見えなかった魚よりも、2Wayの殉職に、しばしボー然。

その後は”油性ペン”を追加して終了。

Dscf4331


Dscf4332


悲しいことはあったけど、ジグを楽しめた1日に満足満足。

|

【2017年37回目】泳がせ大作戦

10月8日(日)

家族4人でアジ釣り。

たたきに、フライに、アジ寿司に、、、1人10匹は釣ろう。

反応バンバンsign01

「これじゃ、1人10匹じゃ済まないぜ。」

なんて、サビキを落とすと、アジ1に対してウリンボ10の割合で入れ掛かり。

で、明らかにアジのブルブルを感じたと思ったら、竿を伸されてラインブレイク。

青物が回ってるらしい。

中将たちのサビキは、みるみるうちに針が無くなっていく。

小将にも青物が掛かるも、残り数メートルでラインブレイク。

何となく品のあるファイトから、イナダじゃ無さそう?

やっぱり。。

近くで釣ってる方がショゴを釣ったsign01

小将、大コーフンで、泳がせの仕掛けを作製。

大将、中将たちがアジを釣り次第、泳がせ開始。

のハズが、釣れるのはウリンボばかり。

「ウリンボじゃ骨っぽすぎて、喰わないよな~。」

でも、時間がもったいないので、ウリンボを付けて投入。

すると、すぐにヒットsign01

でも、イナダで、ちょっとビミョー。

Dscf4321


その後、大将がアジを釣ったところで再度泳がせ開始。

ちょっと大きめのアジだったけど、、、すぐにヒットsign01

さっきのイナダよりも良いファイトだったので期待したけど、ワラサ。

Dscf4322


結局ショゴは来なかったけど、久しぶりのドキドキに満足満足。

その後は、今シーズン初のエギングで1杯だけキャッチして終了。

Dscf4324


で、帰宅後にワラサ、イナダを捌くと、何とウリンボやスズメダイといった骨っぽい魚を喰ってた。

良い勉強になったぞ。

|

【2017年36回目】みなさんに大感謝

9月24日(日)

家族釣行も、、、、パーフェクトボーズsign03

でも、心優しいみなさんのお陰で、クーラー満杯sign01

愉快なYさんからはイナダ。

Dscf4318

たまに優しいところを見せるジャイアンさんからは、アジとイナダ。

Dscf4319

痛風ファイターのIさんからは、マダイとイトヨリ。
Dscf4320

本当にありがとうございましたsign01

|

【2017年35回目】地獄のイワシ処理

9月10日(日)

ちょっと遠くのエリアに行ってタイラバ。

すぐにキャッチできて、ひと安心heart01

Dscf4316

その後、風が無くなったので、船を流すために河口エリアに戻る。

すると、イワシのベイトボール発見heart01

周りにはワカシやペンペンがいっぱいウロウロしてるけど、そんなのには目もくれずイワシ掬いに没頭。

「塩でざっと洗って、干して、焼いて。旨いsign03

食べる前からわかっちゃう。

その後、ワカシを追加して終了。

Dscf4317

帰港後、マリーナメンバーに得意気にイワシを見せると、、

「小さい。」

「内臓ばっかで苦い。」

「ま、食べてみな。」

ありがたいご意見を頂いたので、帰宅後はイワシの手開きに専念。

こんなハズじゃなかったのに。

イワシの手開き。

フツーの人には、何の苦労も無いだろうけど、爪を噛むことがタイラバ、ビールと同じくらい好きな小将には至難の業なのである。

最後は疲れて、中腰体勢でやっと終了。

で、お味の方は、、、

塩が効き過ぎてしまったcrying

もう掬わない。

|

【2017年34回目】サバとイナダのハズが。。

8月27日(日)

今日も朝イチはタチウオを狙ってみる。

ちょっと出遅れて出航すると、狙いのエリアにはマリーナメンバーさんが集結。

まだ揚がってない感じかな。

ボトム付近に映った小さい反応を信じてジグを落とすと、ドンsign01

思いっ切りコーフンしたけど、サバ。

その後、あちこちウロウロするも、ノーバイト。

ここで大将はジグからタイラバにチェンジ。

たまにマダイっぽい反応が出るのでちょっと期待。

そしたら、大将にヒットsign01

竿を叩くファイトは明らかにマダイだけど、スッポ抜け。

心の中で笑っちゃう。

直後にジグでドンsign01

で、イナダ。

やっぱ小将にはタチウオは見つけられない。

すると、大将が「あ〜・・・。」

フォール中に切られた。。

タチウオ居たのか〜。

結局、サバとイナダだけのクーラーボックスを持って帰港。

が、、、。

マリーナの凄腕Kさんから、ホウボウとカサゴsign01

塾長Nさんからは良型揃いのアジsign01

Dscf4314
みなさん、本当に、いつもいつもありがとうございますsign01



|

【2017年33回目】脂ノリノリに感動

8月23日(水)

夏休み最終日。

先週の苦行では中将たちに少しだけ悪いことをさせてしまったので、今日は中将サービスのつもりで出撃。

のつもりだったけど、マリーナのメンバーさんによると、タチウオが入ってきてるらしい。

ということで、朝イチは中将たちに眠って頂いてタチウオを探し回ることにした。

でも、2時間ウロウロして、大将に2回バイトがあっただけ。

タチウオを諦めてタイラバを巻き始める。

大将がソーダ、ペンペン。

中将たちがサバ。

その間に、小将は、貫禄の白身魚3連発。

Dscf4310
マダイと勘違いした30UP。

Dscf4311
4釣行連続のハタ。

Dscf4312
これも丸丸太った30UP。

ソコイトの脂のノリにびっくり。

刺身も焼き物も最高sign01

また釣りたくなってしまった。


|

【2017年32回目】家族で苦行

8月16日(水)

夏休みど真ん中の釣り。

ちょっと天気が気になるけど、前日に買ったタイラバのニュータックルを試したくて出撃。

大将と雨雲を気にしつつタイラバを巻く。

なかなかバイトがもらえなくて80mの深場に移動したところで何やら違和感。

Dscf4304
極太のロングスカートに喰ってきたオニカサゴ。

で、ついに雨がポツポツ。

デッキで寝てる中将たちも目が覚める。

「今、何時?」

「何時に帰る?」

起きてすぐに嫌なことを言い出す。

もちろん、大将も無視。

しばらくして大将にヒットsign01

Dscf4305
ここのところハタに恵まれてるheart01

さらに雨足が強まる。

中将たちが震えてるように見えなくもない。

ま、プール大好きだし大丈夫だろう。

ここで大将に再びヒットsign01

マダイじゃ無さそうだし、これでホウボウだったら、前回、前々回に次いで3回とも全く同じだな。

なんて、少し期待してたら

Dscf4306
アマダイちゃんheart01

で、ここでついにギブアップ。

今日、中将たちは何をしに来たのだろう。




|

【2017年31回目】同じメニュー

7月23日(日)

久々の家族釣行。

何よりも、釣り大好き大将は、前日から大コーフン。

今日は、いつでもジグを投入できる準備をしつつ、マダイを探る。

サバの反応があれば、すぐに中将たちにジグを落とさせるのだ。

前回同様、やっぱサバが見つからない。

ということで、そっと中将たちを寝かしておく。

明るくなったところで、タイラバに明確なバイトsign01

Dscf4302
ずいぶん引くと思ったら、47cmのグッドサイズsign01

その後、大将にバイトはあるもの、なかなかフッキングしないらしい。

そこで大将は、中将用にセットしておいたジグタックルに変更。

すぐにヒットsign01

マダイでは無いようだけど、青物でも無さそう。

先週のハタが美味しかったので、「ハタ、ハタ、ハタ」のハタコール。

Dscf4303
まさか。。。

ほんと嬉しい。

小将が釣った訳では無いけど。

ここで中将たちが起きたので、サバを探し回る。

ところどころで小さい反応。

小将は操船に専念して、中将たちにジグを落とさせる。

すると、小さいけど、フォールで面白いようにアタッて、2人とも大満足。

良いことをした感じで、小将も大満足。

そして、帰宅した後も、前回と同じ二種盛りに大満足sign01

|

【2017年30回目】1ヶ月のブランク

7月19日(水)

なんと1ヶ月振りの釣り。

午後にどうしても外せない用事があるので、念のために朝から一日会社を休んで出撃。

どうやら、型の良いサバが回ってるらしい。

ただ、今の小将にとっては、海に浮かべるだけでも、そして何でも良いから新鮮な魚が食べられればそれで良い。

ベイト、スピニングのタイラバとジグをセットして出航。

とりあえずマリーナを出て北上する。

「サバが海面バシャバシャかな〜。」

と期待しながら進むも、すごく静か。

まずはマダイの実績のあるエリアにボートを置いて反応を探る。

やっとサバらしい反応を発見。

これまでならスルーしちゃうかもしれないけど、今日の小将は違う。

サバの反応を見ながらニヤニヤして、タックルボックスからカーブスライダーを取り出して、フックをセット。

そして、1ヶ月ぶりの釣り開始sign01

・・・・・。

sign02 sign02 sign02

ジグをりーダーに結ばずに、海中に投げ込んでしまったではないかsign03crying

1ヶ月のブランクは怖い。

で、再度ジグをセットする気も起きず、タイラバで開始。

Dscf4298

食材確保。

さっきのカーブスライダー喪失が引っ掛かるけど、嬉しいsign01

Dscf4299_2

ボトムで喰ったので、何かと思ったら・・・。

魚体をよ〜く観察したけど、2つの点は見つからず、リリース。

こうやって久々の魚の引きを堪能した後に、マダイを狙うべくポイント移動。

が、、、、。

走行中に魚探の電源が落ちた。

充電し忘れたsign01crying

1ヶ月のブランクは怖い。

再度電源を入れると数分は持つので、騙し騙し使っていたが、ポイントを選定できぬまま、全く使えない状態になってしまった。

しょうがないので、 潮目を探して、ひたすら自分を信じてタイラバを巻くことにする。

巻き上げ直後に、ドンsign01

Dscf4300
うっれし〜sign01

このお刺身と、サバの干物で、もう満足。

しばらくすると、ちょっと違う感じで・・・・

Dscf4301
もう最高sign01

ハタとホウボウの二種盛りsign03

その後、いかにもマダイsign01っていう、ファイトを味わうもフックアウト。

それでも大満足して納竿。

帰宅して、まっ先にやったこと。

1.「充電確認」という標語を玄関ドアに貼り付け。

2.「リーダー結んだ?」と書いたメモ用紙をタックルボックスに入れた。

意外にこういうことはマメな小将。

ただ、大将には、「釣りに行く朝に充電確認って、そこで充電してないことに気付いたらどうするの?バカ。」と一蹴されてしまった。




|

«【2017年29回目】心やさしいメンバーさんに感謝!