【2018年14回目】イカ事件

3月31日(土)

今日も落とし込み。

やっぱベイトはまばら。

大将は掛けた貴重なベイトでエソ連発。

Dscf4419
エソすら当たらない小将は、ちょっと悔しい。

そこで、1時間限定でタイラバでマダイ狙いをする許可をもらった。

何で船頭が気を遣わなくちゃいけないのかわからないけど。

60〜70mラインを、大将はタイラバ、小将はTGベイトで探る。

しばらくして小将のTGベイトに違和感。

巻き上げ直後に何か乗ったものの、マダイでは無い。

でも重い。

まさか、落とし込みで釣れなかったエソかsign02

いやいや、、、

Dscf4421
何と、胴長30cmのケンサキイカsign03

イカメタルってやつか。

ま、”東京の船長さん”には、沼津港で捨てられた、外国産の冷凍モノを引っ掛けたのでは?

なんて温かい言葉をもらったけど。

その後、大将がムシガレイをキャッチしたところで、大将念願の浅場での落とし込みに移行。

なかなかベイトが付かないので、ジャイアン流の泳がせで狙う。

もちろん、イワシを釣る役は小将。

で、本命を釣る役は大将。

Dscf4420

良型の本物。

|

【2018年13回目】連投

3月25日(日)

昨日、落とし込みで好釣果が得られたらしい。

確かにベイトが多かったしな〜。

といことで、まさかの連投sign01

落とし込み釣り好き、ヒラメ好きな大将はノリノリsign03

マリーナの目の前の浅場でベイトを探すも、、、昨日は沢山居たのにな〜。

よくあることである。

でも、ようやくベイトを探して、大将がようやく掛けた。

さあ、開始。

という間もなく、大将の竿先が震えてきた。

間もなく、ガッタンガッタンの大暴れ。

テンパった大将は、クラッチを切ることも忘れ、何も出来ない。

で、、、、終了。

しばしボー然。

その後もベイトはまばら。

タイラバを巻きたいところだが、大将が許してくれない。

その後、大将が執念で乗せたsign01

Dscf4414
何か得意気なポーズがムカツク。

で、大将はノーバイトで終了。

そして帰着後、”どんな釣りでもこなしちゃうKさん”から、再びアカムツを頂いてしまったsign01

Dscf4418

2ショット

Kさん、本当にありがとうございましたsign01



|

【2018年12回目】ワンパターン男

3月24日(土)

なんかパッとしない。

迷走しまくって、やっと見つけたラインで、大将とアマダイを1つずつ。

Dscf4412


Dscf4413

これはキラキラのネクタイで。

で、この後に事件発生。

TGベイトに変えた直後、フォールでバイト。

アワセもばっちり決まり、しばらくファイトを楽しんでたところで、フックアウトならぬラインブレイクcrying

丸呑みされてしまったのか?

傷心の小将に大将が掛けた言葉。

「バカ」

「アホ」

「TGベイトの重い方sign02潜って回収して来い。」

「てゆーか、いつもTGベイトで、ワンパターンなんだよ。ワンパターン男。」

最後の言葉が一番傷ついた。

今日のアマダイはタイラバだったんだけどな。。

|

【2018年11回目】スポーツマンシップ

3月18日(日)

今日も先手を取られる。

Dscf4403
なんか汚い。

で、小将はノーバイトで終了。

と言うのがいつものパターンだけど、今日の小将は何かが違う。

Dscf4408
朝日が眩しいぜ。

Dscf4409
連発sign01

注)同じマダイではありません。

真鯛3枚を詰め込んだ重いクーラーを持って帰港。

そして、洗艇中の11時4分、先週アカムツを頂いた”どんな釣りでもこなしちゃうKさん”に、マダイを1枚進呈sign03

これぞ、シーマンシップならぬ、スポーツマンシップだ。

ここで、これまでの小将のスポーツマンシップを振り返ろう。

<その1>

2017年4月2日 ”東京の船長さん”にマダイを進呈

<その2>

2017年5月14日 ”富士のダンディーTさん”にマダイを進呈

いずれもリンクの貼り方がわからなので、ウソだと思う方は、当時の記事を探してご確認下さい。

|

【2018年10回目】アカムツを頂いてしまった!

3月11日(日)

ん〜。

渋い。

大将は度々ロッドを曲げるも、全てエソ。

で、またエソかと思ってたら、、、

Dscf4399


食べ頃サイズのマダイだった。

これで気合が入るも、結局小将はノーバイトで終了。

でもsign01

帰着後、”どんな釣りでもこなしちゃうKさん”から、ビッグなプレゼントを頂いて、大将と二人で大コーフンsign03

Dscf4401


右下にはアカムツの姿sign01

Kさん、本当にありがとうございましたsign01

|

【2018年9回目】これこそ記憶に無い釣行

3月3日(土)

この日は、ほんと記憶にない。

Dscf4398


TGベイトってことは、小将だな。

大将はボーズだったのだろう。

|

【2018年8回目】フォローのジグ

2月24日(土)

今日は実家帰省。

なのでお土産確保が必至。

でも、大マダイよりはコンパクトで美味しい魚が良いな〜。

TGベイト強化中だけど、前回の釣行で大将のタイラバが良かった風なので、久々にタイラバをセット。

しばら〜くバイトが無く焦りまくった頃に、やっとヒット。

Dscf4395


美味しいけど、コンパクト過ぎる。。

やっとバイトが出始めた。

Dscf4396


ん〜。これもコンパクト過ぎか。

良い潮目に当たったのか、ジアイなのか、今度はボトムからしばらく巻き上げたところで強めのバイトsign03

でも、すぐにフックアウトcrying

これまでの2つとは明らかに違う感じ。

残り時間20分。

ここで、”東京の船長さん”に何年か前に言われた金言を思い出す。

”フォローのジグ”

早速TGベイトに付け替えて、船を戻す。

GPSを見ながら、そろそろかな〜、ってドキドキしてたところに、ロッドがひったくられる程のバイトsign03

Dscf4397

うん。満足満足。

それにしても、さすが船長さんsign01

でも、もっとさすがなのは、それを実行した僕ちゃんsign01

|

【2018年7回目】特に記憶の無い釣行

2月18日(日)

ん〜。

昔過ぎて、全く記憶に無い。

写真を見ても思い出せない。

ただ、この日の晩ご飯は美味しかったに違いない。

Dscf4389

大将がアマダイ

Dscf4392


次はマハタ

Dscf4394


これも大将のだとか。

Dscf4391


TGベイトが写ってるから、これは小将のハズ。

|

【2018年6回目】ドキドキのバレンタインデー

2月14日(水)

今日は中将たちの授業参観日。

水曜日ということで、率先して午後からの授業参観を志願。

10時に上がれば、余裕で間に合う。

いひひ。

先週、”東京の船長さん”が良型のアマダイを釣り上げた、ごく近場のベイトてんこ盛りエリアに的を絞る。

最近は良き相棒になりつつあるTGベイトで攻めると、開始間もなく、ドンsign03

Dscf4386

軽いながらもマダイ特有の首振りを楽しめた。

ベイトてんこ盛りの合間に、たまに単体反応も映る。

しばらくして、ボトムでドンsign03

アワせた瞬間の重量感がハンパ無い。

「ナイス・バレンタインデーsign01

「どうせ会社に行ったって、露骨な義理チョコしかもらえないし、このファイトが最高のプレゼントだぜsign01

なんてドキドキしながら楽しんでたら、残り1色のところでフックアウト。

じゃなくて、TGベイトをロストcrying

正直、平日だし、ブリを釣ったところで持ち帰るのは考えモノだけど、顔は拝みたかったし、何よりも高価な相棒を失ったショックがデカい。

気を取り直して、予備の相棒をセット。

ホウボウを2つ連れてきてくれたところで終了。

Dscf4387

何なんだ。このブレブレ。


Dscf4388

|

【2018年4回目、5回目】迷船頭日記

新年開幕はブログ更新が好調だったのに、いきなりの3ヶ月サボリ。

1月28日(日)

今日は、ゆかいなYさんが大将丸に乗船。

息子さんが優秀な学校に入学が決まった、とのことで、何としてもお祝いのマダイを釣ってもらわなくては。

すごいプレッシャーを感じながら操船。

開始早々にYさんがアマダイをキャッチheart01

しかしその後は、バイトが遠く、、、、

「息子さん、お父さんの背中を見て、相当な危機感を感じて猛勉強したんですね。」

「いや〜。Yさん、反面教師の成功例ですよ。本書けますよ。」

「僕も、娘の前では、ダメな親父を演じようかな。」

なんて、会話が弾んでるところで沖上がりの時間。

Yさん、懲りずにまた乗って下さいsign01

2月4日(日)

今日は、”東京の船長さん”が大将丸に乗船。

何とか船長さんに船頭を務めてもらうべく交渉したものの、結局は小将が船頭に。

2週続けてプレッシャーを感じながら出船。

今日は早いうちから風が吹き出す予報なので、早く勝負をつけないと。

ちょっと深めのエリアを目指すものの、ごく近くのベイトてんこもりのエリアについついトラップされてしまう。

で、さすが船長さん。

いきなり50センチ近いアマダイをキャッチsign01

「このポイントでアマダイ?」と船頭がビックリしてしまったが、平然と、あたかも狙い通りだった体を装う。

出だしは良かったものの、予報通りに風が吹き出して終了。

「アマダイを釣らせる名船頭ですよ。」

「あと1時間できたら、どれだけ釣れてたか。きっとエラいことになってたハズ。」

「今日はたくさん教わりました。」

なんて、今思うと確かに言われたような気がして、記事を書きながらちょっと照れてしまった。

|

【2018年3回目】ついに会話も無くなった

1月21日(日)

今日もマダイの顔を拝めるかな?

「この時期はジアイを逃すと取り返しのつかないことになるから気を抜くなよ。」と大将に言うつもりが、先に言われてしまい、ちょっとムカツキながら出航。

まずは先週にバイトがあったエリアに向かうも、反応が全く見えない。

その周辺の起伏のあるエリアでも全く反応が見えない。

「大丈夫、あと3時間もある。」

大将に声を掛ける。

「ジアイ何時かな〜。」

大将はジアイを心待ちにしている感じ。

「まだまだ2時間30分もある。」

「あと2時間ある。」

「あと1時間30分・・。」

何時しか、船上には30分毎に残り時間を知らせる小将の声しかしなくなった。

かと言って、他に掛ける言葉が見つからない。

この沈黙を破って、ついに大将が言葉を発した。

「移動しろ。」

なぜか船頭が素直に従ってしまう。

「はい移動。」

「はい移動。」

「魚探見てないくせいにエラそうに言うな、バ〜カpout

と、心で大声で叫びつつ、全く反応が無いので素直に従う。

すると、到着したばかりなのに、大将がタイラバを回収し始めた。

こっちはまだ着底していないのに、また移動の指令か。

このポイント、一体何が気に入らなかったんだろう。

と考えてたら、大将のタイラバに魚が掛かってた。

Dscf4374


沼津名物のジャンボとまではいかないが、なかなかの型。

なのに、何も言ってくれない。

「おいおい。バイトがあった時、乗った時、ちゃんと声に出して盛り上がって行こうぜ。」

と言うも

「明らかにマダイじゃないし、あんたみたいに、何でもはしゃげない。」

「・・・。」

そして、この後は

「あと30分。」

「あと10分。」

「あがろう。」

結局、小将はノーバイトで終了。

でもsign03

マリーナの心優しいみなさまから心温まるお年玉を頂いて、帰りの車中では、二人で晩ご飯のメニューを考えたりして大いに盛り上がりました。

Dscf4375

”東京の船長さん”からは、ヤリイカ。

ジャイアンさんからは、自身が釣った特大カンコの1/1000スケールのユメカサゴ。

アカムツキラーのTさんからは、シロムツとムツ。

みなさま、本当にどうもありがとうございましたsign01

|

【2018年2回目】おめでタイ!

1月14日(日)

いや〜。

今日は寒い。

ほんと寒い。

厚手の靴下2枚にさらに年代物のカッチカチのカイロを貼り付けて

足元完璧のハズが、ウェーダーからビミョーに浸水して、結局寒い。

で、釣りの方も寒い。

先週60〜70mラインではマダイのバイトを得られなかったので、今日はちょい深めを探る。

でも反応を見つけられずに、結局60〜70mラインに入る。

ここは反応はあるけど、食ってくれない。

で、また沖へ。

あきらかに迷走。

夫婦の会話も無くなったところで、大将が「あ〜っ!!!!!」

貴重なバイトを捉えて乗せたのに、すっぽ抜けたらしい。

この時期はジアイは一瞬なので気合を入れる。

すると、また大将が「すまん!!!!」

またすっぽ抜けたらしい。

ボトムからだいぶ巻いたところらしい。

やっぱ食い気がないのかな?

なんて考えてたら、ドンsign03

がっちりあわせて、今年の初マダイsign01

Dscf4372

ダンディなショット。

その後、大将がまたまた「うそ〜!!!!」

すっぽ抜けらしい。

それを聞いた直後に、小将にもヒットするも、一瞬ですっぽ抜け。

これで終了。

やっぱこの時期は、一瞬のジアイにきっちり対応できないといかんな。

今年は大将に勝てそうだ。

|

【2018年1回目】今年の初物は、、、

1月7日(日)

今さらながら、あけましておめでとうございます。

今年こそ、ブログの更新をタイムリーに、、できるかな?

今日は近所に住んでる中将たちの友達家族が遊びに来るし、釣り初めだしマダイを獲りたい。

初物は何かな〜。

フォールでヒットsign03

でも、軽い・・・。

Dscf4364

記念すべき2018年初物がコレとは・・・。

その後、寒さと、晩ご飯のおかずのプレッシャーと戦いながら

小将がハタ

Dscf4365

大将がカサゴ

Dscf4366

どっちも姿造りにして、何とかカッコついた(かな?)

|

【2017年44回目】まさかの釣り納め

12月24日(日)

今日を入れて、釣り納めまであと2回。

釣り納めはタイラバでマダイをやるとして、今日はジグの修行だ。

大将はタイラバ、小将はTGベイト。

今日はフォールかな?巻きかな?なんて2人で話しながら3時間経過。

ちびハタとエソだけsign01

Dscf4359


Dscf4360

沖揚がりまで1時間を切ったところで、魚探反応が良くなってきた。

と同時に、やっとヒットsign01

嬉しいハタちゃん。

Dscf4361


その後、大将はフックアウトcrying

残り5分となったところで、さっきのハタよりも暴れるファイト。

大好きなホウボウちゃんsign01

Dscf4362


終了間際の美味しい白身魚2種にちょっと満足して帰港。

帰港後、鳥山ハンターSさんに、良型のシロムツを2つ頂いて、豪華な晩ご飯確定sign01

よ~し、次の釣り納めはマダイ1本sign01なんて考えてたら、結局この日が釣り納め。

マリーナメンバーのみなさん、みなさんのお陰で、今年1年も楽しく釣りが出来ました。

2018年もよろしくお願いしますsign03

|

【2017年43回目】ブリ第二弾

12月10日(日)

タイラバリベンジ。

大将も一緒に行くつもりだったけど、朝起きたら寒気がするというので、急きょ単独釣行。

なんか釣れそうな気がする。

タイラバを装着して1投目。

フォールのバイトを捕らえられなかった。

ちょっと油断してたな。

ここのところフォールのバイトが多いし、フォール重視のTGベイトにチェンジ。

流し直した1投目。

妙な重みで上がってきたのは、まさかのヒラメちゃんsign01

Dscf4353


45cmだけど、夏よりも身が厚くて、超嬉しいsign01

その後、マダイの反応がバンバン出るも、ノーバイト。

風も無くなって船が完全停止してしまったので、河口に移動。

すぐにヒットsign01

ホンモノにご満悦sign01

Dscf4354


流し直さずにそのまま釣っていると、突然ボトムに凄まじい反応が出現。

絶対に喰う、って呟くと同時にヒットsign01

大将丸をくるくる回しながら水面に顔を出したのは、90UPのブリsign01

Dscf4356


血抜きが終わったところで帰港。

朝イチの判断が正しかったのかな?

気持ちの良い釣りだった。

|

【2017年42回目】大将ドキドキ

12月3日(日)

大将とタイラバ。

先週の小将のマダイ2枚を見て、「これなら釣れる」と確信したらしい。

ということで、実績の無いヘッド、ユニットを大将に渡す。

1時間経過。

全くバイトが無く、船中気まずい雰囲気。

ここで、ヘッドを重くするついでに、大将のヘッド、ユニットを実績のあるやつに交換。

よっsign01小将sign01良い男sign01

ちょっとして、ボトムから10m上に青物っぽい反応が出る。

と、小将、痛恨のフックアウト。

フォールで喰ってきた。

直後、大将がボトムで喰わせたsign01

「2m、いや3mのマダイ」と言いながら、ようやく水面に顔を出したのはワラサ。

Dscf4350


久しぶりの強い引きに、かなりドキドキしたようだ。

ま、さっき小将がバラさなければ、このドキドキは味わえてなかったけどな。

その後、大将はしっかりマダイをキャッチ。

Dscf4351


小将は、、、、。

TGベイトを回収したら、ジグと同じサイズのイトヨリが釣れてた。

Dscf4352


まったくもって、つまらない。

|

【2017年41回目】久々のマダイちゃん

11月26日(日)

もうショゴに未練は無い。

近くでタイラバを巻くことにした。

時期的に深場に行くか悩んだけど、60~70mラインを攻めてみる。

反応は薄いけど、起伏の激しいエリアを繰り返し流していると、懐かしのバイトsign01

型は小さいけど、満足満足。

Dscf4342


その後、いくつかのショートバイトの後に、、、

満足満足。

Dscf4343


ジアイ?も過ぎて、しばらくダラ~ん。

お土産はあるので、TGベイトでボトム狙い。

狙い通りにアマダイ2つ獲れて、これまた満足満足。

Dscf4345

Dscf4346


やっとTGベイトを武器に出来そうな予感がしてきたぞ。

|

【2017年40回目】う~ん。再び。

11月19日(日)

ショゴを求めて、再びアジポイントに向かう。

うねりが大きい。

かなり怖い。

おまけにベイトも居ない。

う~ん。マンダム。

マリーナ前に戻りがてら、ティップランでアオリ1つ。

Dscf4339


タイラバでハタ1つ。

Dscf4340

もうショゴは釣れないのかな。

|

【2017年39回目】う~ん。。

11月12日(日)

再びショゴを求めて、アジポイントに向かう。

しかーし、ベイト反応一切無しsign01

エソ1つで終了。

う~ん。マンダム。

|

【2017年38回目】ブリ捕獲

11月1日(水)

今日は自分へのご褒美で平日釣行。

ショゴを求めてジグ。

前回のアジポイントに行くと、アジだかウリンボだか、ベイトは居る居る。

信頼の2Wayで攻めると、2流し目でドンsign01

朝イチから、そこそこのファイトで、超楽しいsign01

で、水面に姿を見せたのは、、、ショゴというか、自分なりにカンパチサイズsign01

どこからがカンパチか不明だけど。

が、ネットを持ったところで、フックアウトcrying

手が震えながら、流し直した1投目。

ドンsign01

今度はやや軽くて、、、ショゴsign01

Dscf4326


ばっちりとフッキングしているのを確認した後、連れて上がってきた相棒ともどもネットで掬おうとしたけど、やっぱりダメ。

ま、さっきよりもサイズダウンだけど、狙い通りのショゴに満足。

その後も飽きない程度にバイトが出る。

やっとフッキングしたのは、オオモンハタsign01

Dscf4329

手応えバッチリでネットインしたのは、50UPのイナダのダブル。

Dscf4328


つまりブリsign01

その後はカマスの群れにも当たって、楽しさMax.sign01

Dscf4327


そして今度は、さっきのブリ並の引きが再びsign01

が、、、なぜかPE高切れで、信頼の2Way殉職crying

姿が見えなかった魚よりも、2Wayの殉職に、しばしボー然。

その後は”油性ペン”を追加して終了。

Dscf4331


Dscf4332


悲しいことはあったけど、ジグを楽しめた1日に満足満足。

|

«【2017年37回目】泳がせ大作戦