« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

【2016年29回目】中将1号、ついにマダイを釣る!

8月11日(木)

週中の1日だけの休みだし、今日は単独釣行だろう。
と期待していた小将がバカだった。
前日夜、大将、中将の3人は船の上で食べるパンを買って帰って来た。。
そろそろサビキのアジもしたい、というか、アジを食べたいところだけど、コマセの準備もしていないので、ここ最近のエリアに直行してタイラバ。
う~ん。
今日は渋い。
完全にまったりムード。
そのせいか、中将1号はずっと爆睡。
その間、中将2号が巻き続けるも生命反応無し。
思わず、”明らかなサバの反応”に船を置いてしまう。
すぐに大将にヒット。
ちょっとして外れた。
「絶対に大アジだった。」
100%サバなのに。
テキトーな女だ。
「よし!食った!」
サバを相手に慎重にやり取りする大将の姿が滑稽だ。
中将2号にサバを釣らせるために、ここに船を置いたのに。
大将が魚の引きを味わったところで、マダイを探して移動。
すると、、、
209
小将、1000gのタイラバでキャッチsign01
ここでやっと中将1号がお目覚め。
半分寝ぼけているところで竿を渡す。
「来たsign01
sign02
210
本当に掛かっているのか?
211
ラインが引き出されたsign01
大将が思わず竿を支える。
213
55cmのべっぴんさんsign03sign03sign03
ついに本命のマダイをキャッチ。
寝起きの1投目というのが少し気になるけど。
ジアイ到来か?と思ったけど、その後は
215
コレか
サバ。
今日は中将1号が釣ってくれなかったら、食材がピンチだった。
今度は中将2号に釣って欲しいな。

|

【2016年28回目】衝撃のスクープ撮

8月6日(土)

今日は釣りの後には中将たちの友達家族とキャンプ。
なので、食材としてマダイを確保しなくては。
ということで、ここ最近のお気に入りエリアに直行。
今日は、ムムムという反応が見られない。
ちょっとしてから大将にヒットsign01
205
これで一安心。
小移動して探っていると、ちょっとしてから・・
   
206
小将、貫禄の一枚。
少し東側に移動して、、食ったsign01
そして・・・。
208_2
衝撃のリリースsign03
苦節3回目。やっとマダイをリリースする証拠画像を掲載。
※掬い損ねた訳ではありません。
まだ7時前。
潮が動き始めるタイミングでヒラメを狙うべく移動したけど、この後は沈黙。
ちなみに今日の中将たちは釣りをする気ゼロ。

|

【2016年27回目】小将、オトナの階段登りきったか?

7月24日(日)

今回の釣果写真も消去れてた。。
あらまsign01今日は単独釣行sign01
自由に暴れ回るぜ~sign03
朝イチはタチウオのロマンを求めてマリーナ前のジグ。
でも芳しくないので、ここ2回、お気に入りのエリアに向かう。
が、、、今日はまったり。
船が流れないし、反応は薄いし。
偏光グラスで見えないけど、もう涙目。
そこで、このエリアの開拓者、救世主Sさんと情報交換すると、Sさんは同乗してる娘さんとともに爆釣sign01
ん~。これで情報「交換」と言って良いのか。。
そこでSさんに教わったエリアに向かう。
いや~。
ここは良い。
潮が利いているsign01
反応も全然違うsign03
Sさん、みずくさいsign01sign03
そして、ボトムですぐにヒットsign01
マダイではないけど品のあるファイト。
これぞメガアジ。
そう確信して、ドラグを緩めに慎重に巻いてたら、、、、
リーダーが見えたところで、ブルルルルルルルルル・・・。
すっかり存在を忘れてたサバ。
その後、もう一つ追加したところで、ちょっとまったり。
が、ここからが今日のハイライト。
タイラバをフォールしていると、魚探上でスーッと一本の線がボトムから20mくらい上がってきた。
そこで一気にラインが引き出されたsign03
フォールで食うところを初めて見たけど、これはコーフンする。
その後、ボトムではお祭り状態の反応が開始sign01
釣ったマダイをネットに入れて血抜きしている間にヒットsign01
こいつは、ボトムからモタ~ッとしてたので、早巻きしたら一気に食い込んだ。
で、このマダイを血抜きしている間にもヒットsign01
これはボトムからの折り返しで一気にひったくったやる気マンマンだった。
ここで小将。
3つめのマダイをリリースsign03
しかも、お祭り状態の反応が続いているのに、ここで納竿sign03
小将、もうオトナだな。
帰宅してこのことを大将に話したら、思いっきり褒めてくれた。
めでたしめでたし。
が、今となっては、もうちょっと釣っておけば良かった。。と思ったりなんかしちゃって。
それに、リリースしたマダイも干物にしておけば良かった。。と思ったりなんかしちゃって。
Sさん、本当にどうもありがとうございましたsign01

|

【2016年26回目】人騒がせな大将

7月16日(土)

ちなみに今回の釣果写真は、ず~っとデジカメに入れておいたら、お気に召さなかったのか、中将たちに全て消されてた。
今日は釣りの後に実家帰省。
実家の狭い台所でアジをたくさん捌くのは苦行なので、今日は前回のエリアでタイラバスタート。
”好反応”は無いけど、魚はあっちこっちに見える。
小将がマダイ1
大将がイトヨリ2、サメ1
今回の中将たちは、睡眠とおやつ。
大将のサメにはほんと、騙された。
いかにもサメ!っていう大物だったらすぐにわかるけど、掛けたのが60cmクラス。
マダイでも無いし、一体何なんだ?ってみんな期待しちゃった。
中将たちがマダイに近づくには、忍耐が一番必要かもしれない。

|

【2016年25回目】小将、オトナに近づく

7月10日(日)

もちろん家族釣行・・。
朝イチの定番アジ釣りからスタート。
今回は、一部を生きエサとして確保しておいて、ロマンを求めることにした。
4匹のお手頃アジをキープして、アジ釣り場周辺のフラットなところを流す。
も~。この釣り、早くやっておけば良かったsign01
アタリバンバンsign03
200
バイトがあってから、ゆっくり喰い込ませてたら根に入られちゃった。
でも、ボートを動かして引っ張りだしたぜいsign03
201
活発なバイトの正体はコレ。
オキエソちゃんだけど、ドキドキさせてもらった。
その後、マリーナ前でに戻ってのんびりタイラバを開始したけど、まったく船が動かない。
「のんびり」は良いけど「まったり」は嫌なので、大移動を決意。
思いっきり北上してみる。
40~50mで起伏があるエリア。
いきなりの好反応に遭遇。
で、、、。
202
大将、小将の愛のダブルヒットsign03
もちろん、先に掛けた大きい方が小将の。
その後、70cmにちょっと届かないサイズのマダイを2連発sign03
ここで事件発生。
小将、思わずマダイをリリースsign03sign03sign03
リリースする小将の勇姿を捉えた写真が消去されてたのが悔やまれる。。
その後、活発な反応が消えてまったり。
最後の一投、と中将たちに託した竿に。。
203
何故かまな板の上だけど、中将1号の釣果sign03
確実にマダイに近づいている気がする。
それにしても今日の注目は、小将がマダイをリリースしたこと。
小将がオトナになるのと、中将たちがマダイを釣るの、どっちが早いかな?

|

【2016年24回目】中将2号タイラバでドキドキ

7月2日(土)

ブログ更新が超遅い。
すっかり定番になった家族釣行。
そしてすっかり定番になった、朝イチのアジ釣り。
中将たちもサビキ釣りに慣れてきて、そこそこ安定して釣れるようになってきた。
「そこそこ」というのは、そもそも船頭の小将の責任か・・。
で、その後はマリーナ前の20~30mの浅場でのんびりタイラバ。
ますは小将。
196
美味しそう!
次いで、大将。
197
食べ易いサイズ。
で、今日のハイライト。
中将2号のタイラバに・・・
198
何かがヒットsign03
こうして写真を見返してみると、背後に映る、大将の興味無さが悲しい。
199
さつま揚げで美味しく頂きました。
今日は中将1号は5月にタイラバでサバを釣ったし、今日は2号がエソ。
本命のマダイに少し近づいたかな?

|

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »