« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

【2016年41回目】強行出撃で後悔② 

10月29日(土)

週中の予報はずっと悪かったけど、予報回復sign03
4人でコマセを持って張り切って家を出る。
今日は中将サービスとして、思いっきりアジを釣らせるつもり。
出航前に南寄りの風が出てきた。
出航したら、結構吹いてきた。
ちょっと遠くのエリアに着いたら、船がガンガン流されるくらい吹いている。
バックギアを入れながらの釣りなので、海水がバンバン船に入る。
掻き出しながら、中将1号、大将に釣らせ、合間に小将も。
(中将2号は飛沫を浴びながら爆睡)
サイズは良いけど、、、全然楽しくないsign03
ツ抜けしたところで、マリーナ前に急行。
ここでいつでも帰港する準備をしながらタイラバを巻くも、どんどん風が吹いてくる。
大将と引き上げるタイミングを話していると、富士のダンディ・Tさんから「戻った方が良いですよ。」とのお電話を頂く。
すぐにタイラバを回収して、波をバンバン被りながら帰港。
すると、Tさんはこの状況の中、腰まで水に浸かって待っててくれました。
他のみなさんすでに揚がっていて、みなさんに船の引き上げを手伝って頂いたお陰で、強風下でもすんなりと船揚げできました。
Tさんをはじめ、みなさんどうもありがとうございました。
今回は、あそこでタイラバを巻いたのが失敗だったな。
すぐに帰るべきだった。
今後は、誘惑に負けず、しっかりと海況判断しないと。
反省です。

|

【2016年40回目】キャンプのお土産②

10月22日(土)

今日も釣りの後にキャンプ。
でも、ちょっとゆっくり集合なので、10時30分までは釣りできる。
でもでも、お土産にアオリイカの他に魚の捕獲が必至。
ということで、朝一は久々に90mラインに入ってタイラバを巻く。
このエリアは今年初旬以来、久々。
でも、反応がすこぶる良いsign01
おじさんはドキドキしながらタイラバを巻く。
2流し目の1投目で、心地良い重みの後にドラグがジ~ッsign03
乗った。
この感触、すごく久々な感じがする。
243
貫禄のある60UP。
7時前に1つ目のミッションが達成できて一安心。
この後は、この魚の血抜きがてらもう1流しして、急いでちょっと遠くのエリアに急行してアオリを狙う。
まずは先週の20mラインに絞って探るも、全くバイト無し。
そこで、改めて10mから探り直すと、15mでやっとヒット。
244
やっと一杯。
しかしその後が続かず、何か雰囲気も悪いので、朝イチのエリアに戻ってタイラバを巻く。
朝イチほどでは無いものの、やっぱ生命反応アリアリ。
しばらくしてボトムで違和感。
でも、ちょっと巻いて軽くなる。
もう一度ボトムを取ると、また違和感。
でも、しばらくして軽くなる。
ここで散々粘った挙句にタイラバを回収すると・・・。
245
超グッタリした小エソ。
死にかけているではないか。
あの違和感はコイツだったんだな。
100gの重りを付けられて、何度も何度も30m上げ下げされて、、、ごめんなさい。
それにしても、小将の”感度”が心配になってきた。
この後は、タイラバ高速回収中に、リーダーが見えたところで海中にシイラが出現sign02
一気にひったくられて、タイラバロストcrying
ボトムに変な反応を見つけて落とすと、感触無いままタイラバロストcrying
中層に変な反応を見つけて高速で通すとヒットsign01するも、ネクタイ、シーハンターを切られてバラシcrying
何れもタチウオの仕業っぽい。
キャンプのお土産を確保できたのは良いけど、失うモノが多かった。。

|

【2016年39回目】キャンプのお土産①

10月15日(土)

今日は釣りの後に、中将たちのお友達家族とキャンプ。
なので、9時までの短時間勝負。
おまけにお土産のアオリイカ捕獲が必至。
ティップランのタックル一つで臨む。
ちょっと遠くのエリアに行って、8mから掛け下がりを流していく。
良い感じの風で、最高のスピードで船が流れる。
途中20mラインで、ティップに違和感。
今年のティップランでの初釣果sign01
やっぱ気持ち良い。
その後30mまで流すけどバイト無し。
2流し目も20mラインでキャッチ。
この後、20mラインに的を絞って、2杯追加。
242
残り時間はあと1時間。
このままこのエリアで粘るか、マリーナ近くのエリア探索か。
5秒ほど真剣に考えて、マリーナ近くに戻る。
が、、、。
風が無い。
船が全く流れない。
キャストしたり、船を微速で流して引張たりするけどNG。
ちょっと後悔しながら帰港。
でも、そこそこの型のも混じったし、お土産確保できたので良かった。

|

【2016年38回目】強行出撃で後悔①

10月10日(月)

3連休は、「釣り」、「マリーナ仲間とのBBQ」、「釣り」と夢のような時間を過ごすつもりだったけど、初日の土曜は雨で釣りNG。
2日目の日曜日は雨が心配されたけど、お昼前に上がってBBQsign03
とても楽しい時間を過ごせました。
酔い過ぎて、帰宅してから大将に怒られたけど、ま、気にしない。
で、3日目の月曜日。
東寄りの風が強い予報もそうだけど、小将の体にお酒が残ってるのが心配だったが、、、。
朝4時に、家族4人でパッチリ目が覚めた。
行きは大将に運転を任せて、小将は助手席で今日の釣りの展開を瞑想。
が、、、、。
朝から風が強い。
ジャイアンさんは出航を諦めたけど、諦め切れないメンバーで出撃。
近場のエリアでやるつもりだったけど、漁師さんが居たので、朝イチ限定でちょっと遠くのエリアでアジ釣り。
船が流されまくって、何度か流し変えてやっと狙いのポイントを通せる状態。
大将、中将2号、小将で4つずつ確保したところで、急いでマリーナ前に戻る。
(中将1号は揺れる船の中で爆睡)
ここではタイラバ、ジグで狙うけど、風が強くて落ち着かないので早上がり。
今日の出撃は無理があったかな~。
反省反省。

|

【2016年37回目】大将と2人きりで

10月2日(日)

昨日から中将たちはお友達の家でお泊まり会。
で、そのお友達のお母さんが、「次の日のお迎えはお昼でいいよ。」と。
釣り好きの大将に気遣って言ってくれたんだけど、社交辞令が全く通じない大将は大ハシャギ。
こんな機会は滅多に無いし、大将孝行でアオリ一本。
最近ご無沙汰だった、少し遠いフラットなエリアでキャスティング対決。
ポツポツとアタッて4-4のドロー。
2-4で小将が劣勢だったけど、立て続けに2杯釣ったところで、船長の権限で強制終了。
危ないところだったな~。
241

|

【2016年36回目】モヤモヤ

9月25日(日)

今年初のタチウオ狙いで出撃。
ん~。
見えない。
どこにも見えない。
しばらく彷徨ってたら、怪しげな反応に遭遇。
ジグを落としてシャクリ上げてきたら、プツッsign01
昨年のフグ攻勢の時以来の嫌な感触。
ちょっとしたら、今度はボトムでドンsign03
ほとんど動かない重いヤツ。
たまにジリジリとラインを引き出す、いかにも大物。
全くラインを巻けないので、思わず、ドラグをカチカチッ。
・・・そしたらバレた。
せめて、カチッにしておけば。
いやいや、ドラグを触っちゃいけないな。
あれは何だったんだろう。
すごくモヤモヤする。
その後はアオリを狙うも1つだけ。
晩御飯に危機を感じたところで、”ホウボウの巣”に向かう。
途中、60mラインのボトムにムムムの反応。
ジグサビキを投入すると、一発。
238
良型のカマスsign03
これは嬉しい。
速攻でフックを外して投入。
・・・のつもりが、焦り過ぎて指先負傷。
その間に反応は消えてしまった。
でも試しに落としてみると、まさかの一発。
239
カマスと同じような引きで期待したけど、さつま揚げのために喜んでキープ。
この後、ホウボウの巣で大将がいつものヤツ。
240
ほんと、ここだけは安定してるな~。

|

【2016年35回目】今年の初アオリ

9月17日(土)

今年は全国的にアオリが好調らしい。
ということで、例年なら9月末から狙うところだけど、我慢できずに今シーズン初のエギングsign01
アオリ大好きの大将も大張り切り。
ティップランで釣るのが好きだけど、時期的にまだ浅場かな?ということで10m以内をキャスティングで攻める。
一流し目は空振りか・・・、と思ってたら、大将にヒットsign03
が、これは・・・。
エギを水中に放置して中将たちの世話をしている時に勝手に掛かったもの。
マグレだけど、それだけ濃いってことかsign02
が、その後は場所を変えながら2時間弱やって小将が4杯獲ったのみ。
231
ん~。
ホントに今年は当たり年なのか?
狙う水深が違うのか?
今日は実家帰省なのでイカ以外に魚も、ということで、次はタイラバ。
エギングタックルでタイラバ巻いてた大将にこの一枚。
233_2
食べるのにちょうど良いサイズ。
今日はこれで終了。

|

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »