« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

【2016年46回目】お陰さまで豪華な晩餐②

11月20日(日)

大将からのヤリイカ捕獲命令に従って??
先週の釣行時に、ひょうきんYさんから電動リールを譲って頂き、その翌日にヤリイカ竿、電動リール備品を揃えて、今日はお初のヤリイカ狙いsign01
水深200mラインへの冒険で、前日からドキドキ。
でも、いざ船を走らせてみると、以前に行ったムギイカのエリアのちょい先で、結構船団が出来ていたので心強い。
が、、、釣りの方は
スパンカーを自分なりに使えて船のコントロールは出来たし、お初の電動リールも問題なく扱えたけど
ヤリイカはショック大の水面バラシ×1。
外道?で混ざると言われてたタチウオはバイトすら無し。
帰着まで1時間というところで、浅場(といっても90m)に戻ってタイラバを巻く。
なかなかの好反応。
240
食べ頃サイズ。
この魚を血抜きのためにネットに入れて、そのまま流すと
241
50UP。
さっきのマダイをネットに入れたままキャッチ。
終了間際で何とか晩御飯を確保できたけど、ヤリイカを待っている大将に何と言えば・・。
微妙な気持ちで船を洗っていると、凄腕Kさん登場sign01
何と、ヤリイカ3杯、タチウオ、それに、500m超で釣ったという珍しいトウジンを頂いてしまいましたsign01
さらに、ひょうきんYさんからもタチウオを頂き、先週に引き続き豪華な晩餐になりました。
大将は活きの良いヤリイカの食感に大満足。
中将たちは、太刀魚の蒲焼に大満足。
それに、トウジンはジャイアンさんのオススメで鍋にしたけど、ホロホロの身が最高heart01
その脇に、ひっそりとマダイの刺身。
みなさん、どうもありがとうございましたsign01

|

【2016年45回目】お陰さまで豪華な晩餐①

11月12日(土)

いや~。
今日は渋かった。
いつものマリーナ真沖でタイラバを落とすも、潮が速過ぎだし反応は無いし。
で、久々に”ホウボウの巣”に向かうも、そのエリアは地引網をやっていて近づけない。
地引網を避けて、、、
238
出た。
”東京の船長さん”曰く、油性ペン。
それに、、、
239
ん~。。
その後にマリーナの真沖に戻るも、全くダメ。
帰着して、晩御飯何にしようか考えながら船を洗ってると、、、
凄腕Kさんから、タチウオ5本、それに大きいヤリイカを頂いちゃいましたheart01
お陰さまで、豪勢な晩餐になりましたsign01
特に大将は活きの良いヤリイカの食感が大好きらしく、今後はアオリではなくヤリイカのリクエスト。
Kさん、本当にどうもありがとうございましたsign01

|

【2016年44回目】最後の最後で

11月5日(土)

夢の中1日釣行。
マダイが美味しいので、今日もタイラバ巻きつつ、タチウオらしき反応があればジグを落とす作戦。
一昨日はジグを一度も落とさなかったので、今日はシャクリたい。
朝イチは一昨日のエリアに直行。
が、、、どこも反応が無い。。
とりあえず前回のヒットポイントを通すように流す。
船が1km/hくらいで流れて良い感じ。
全く反応は無いけど、2投目でバイト。
でも、ジワ~ッと重くなっただけで、その後が続かずに終了。
でも、きっちり巻き続けたので後悔は無い。
その後、船が完全停止。
反応は薄いし、眠くなるくらいまったり。
エリアを変えてもダメ。
流れを求めて河口に移動してもまったり。
この間、いかにもマダイっぽいショートバイト2回と、絶対にイトヨリのショートバイト1回だけ。
残り1時間。
パーフェクトボーズの予感。
ここで今日イチの反応に心が躍っちゃう。
でも、いくらタイラバを落としてもバイト無し。
そこで、TGベイトを落とすと、ボトムで一発。
250
この反応はコレ???
その後、西風が吹いてきたsign03
神風と信じて、朝イチのエリアに大急ぎで戻る。
残り時間が無い。
到着した時にはかなり吹いていて、船が2km/h弱で流れる。
ちょっと速すぎ。
90mから85mに差し掛かったところでジワ~ッ。
心を無にして、遠くを見つめながら巻き続けると、ドラグがジ~ッsign03
やっとキャッチしたのは終了30分前。
251
超嬉しい一枚。
その後、船を戻す時間がもったいないので、そのまま流す。
時計を見るとあと20分。
船を戻すことを決意して速攻で巻き上げる。
ここでタイラバを見ると、、、sign02
2本のネクタイがないsign02
この貴重な時間、ビジネスカジュアルなタイラバで10分ほど巻いていたのか。
投入時にはあったので、フグか何かにやられたのか。
タチウオ?
この際どーでも良い。
揺れる船上であわててネクタイを付ける。
面倒なので1本だけ。
この1流しで終了、と決めてタイラバ投下。
で、一投目でジワ~ッの後にドラグがジ~ッsign03
これはデカイsign03
ラインが出される一方。
何とか巻けるようになったところで、、、外れた。
あと10分。
もう沖あがりしなきゃいけないけど、またタイラバを落としちゃう。
あと2分。
思いっきり後ろ髪を引かれながら終了。
昼前に西風が吹く予報だったので、もうちょっと早くあのエリアに戻っておくべきだったな。

|

【2016年43回目】夢の連続釣行

11月3日(木)

今日は祝日。
正々堂々と釣りに行く。
昨日に引き続き、夢の連続釣行sign01
イカは昨日釣ったので、今日はタイラバ、ジグだけ。
まずはお気に入りの、マリーナ沖の起伏があるエリアに入る。
ところどころ5mくらいの起伏があって、このどこかで反応がでるハズ。
が、、、全く反応無し。
ちょっと焦る。
その周囲の平場をチェックすると、ようやく小さい反応発見。
まずはここでスタート。
流しているうちにドンドン反応が湧いてくるheart01
ドキドキしながら巻き続けるも1流し目は不発。
で、もう一度同じラインを流す。
で、その一投目でheart01
248
美味しそうなサイズ。
釣り上げた段階でラインからだいぶズレてたけど、付き場を探すためにそのまま流す。
反応が薄くなったので、さっきのラインに戻ると、すぐに来たheart01
249
これも美味しそうなサイズ。
「おいおい。クーラーに入り切るかな。」
「資源保護のために早上がりするか。」
「でも、せっかく釣りに来たのに、早上がりはもったいないな。」
「せめて9時までは海に浮かんでいよう。」
「いや、そこまで釣りしたら、ホントにクーラーに入りきらないぞ。」
「リリースするにはもったいないサイズだし、どうしよう。」
こんな心配をしてたけど、その後反応は消えてしまった。
あちこちウロウロ彷徨って、結局帰着予定時間まできっちり釣りきった。
邪念は良くないな。

|

【2016年42回目】今年初の平日釣行!

11月2日(水)

今日は午後に用事があって、どーしても会社を休まなければならない。
なので、今年初の平日釣行sign01
タイラバでマダイを狙いつつ、太刀魚の反応があればジグを落とすつもり。
だったけど、、、朝到着してみると、前日の予報通り東風が強め。
なので、湾奥でティップランをしつつ、様子を見ながらマダイ狙いでマリーナの沖に行くことにした。
まず湾奥に入ったけど、全くもって船が流れないsign02
やっと風が出て船が流れたところで、ティップに違和感。
246
でも、後が続かない。
あまりにもベッタリした海面なので、予報大外れと判断。
そこで、マリーナ沖に移動。
湾を出た途端に海がガチャガチャ。
でも、そのまま突撃しちゃうのが夢追い人。
目的のエリアに入ると、タチウオ?らしき反応があっちこっちにある。
スパンカーを張って、ジグを投下sign01
東風なので波は無いけど、ちょっと、いや、かなり怖い。
で、水深90mなのに、ジグを40m落としたところで即回収してその場を撤収。
早く岸寄りに戻りたいけど漁船が操業中。
なので、沖目を走る。
「おいおい。俺は何をしてるんだよ~。」
思いっきり反省しながら朝の湾奥を目指す。
やっとの思いで湾奥にたどり着くと、、、、ここは海面がダラ~ン。
何だこの差は。
ここでティップランをやって、ポツポツと3杯追加して終了。
いや、その間、こんなこともあったっけ。
247
ドラグが出たので思いっきり期待してしまった。。

|

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »