« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

【2017年4回目】ドン底のち天国

1月28日(土)

今日も楽しい楽しいジグheart01

あのイワシの下に居るヒラメを釣っちゃおうsign01

この一週間ドキドキワクワクしまくり。

出航前に、マリーナのヒラメキラーじゃなくてジャイアンMさんに「イワシ大群いますよ。」と伝えた。

でも、今日は自分の得意エリアに行くかな?

船を出して、そのエリアに近づくにつれて心臓バクバク。

いよいよイワシとご対面heart01のハズが、イワシ行方不明。

どこにも居ない。

すると沖から一艇向かって来る。

デーンデーデデッツデーン、デーデデッデデーン、デンデッデデン♫

(ジャイアン登場のテーマ)

ヤバイな〜、と思ってると、、、

「嘘つきsign03どこにもイワシ居ねえじゃねえかsign03pout

怖い怖い。

逃げるように滅多に攻めない湾奥まで逃げ込む。

ここでちょっとしたベイトがあるも、正体は、、

Dscf4198

”東京の船長さん”曰く、油性ペン。

ここエリアに見切りをつけてマリーナ前に大移動を決意したものの、移動するにはジャイアンMさんのそばを通らなくてはいけない。

思いっきり遠回りするのも不自然だし、そばを通って声を掛けないのも何だし。。

意を決して話しかけると、まだおかんむりpout

とりあえず笑顔でごまかす。

やっとの思いでマリーナ前に移動してタイラバを巻くも、終了間際に2発バイトがあっただけで、12時キッチリまでやって納竿crying

やってしまった。

何の見せ場も無く、新春パーフェクトボーズ。

でも、、、

12時15分からの15分間に、今日イチ、いや今年イチのジアイ到来。

どんな釣りでもパーフェクトにこなす、アカムツキラーのKさんから

Dscf4199


いつも色々な魚を頂いている凄腕Kさんから
Dscf4202

そして、まさかまさかのジャイアンMさんからは

Dscf4201

Dscf4203


Dscf4204

Mさんは、極々たまに、すごく稀に優しい一面を見せてくれるんだよな〜。

みなさん、本当に本当にありがとうございましたsign01

|

【2017年3回目】ジッグたっのし〜

1月21日(土)

今日もジグをメインでやってみる。

前回ヒラメを釣ったエリアに直行。

今日はいきなりイワシの大群に遭遇heart01

まずは買ったばかりのTGベイトを投入。

すると、、、ボトムから10mちょい上でラインが止まる。

昔の黒鯛落とし込みの習慣が抜けず、そっと聞いてみる。

すると一気に竿が絞り込まれたsign02

こういう時はジグでもタイラバでも即アワセすべきなんだよな〜、と反省しつつファイトを楽しんだ。

Dscf4195

いきなり73cmのワラサちゃんsign01

今日は風が強く船がガンガン流される。

締めて血抜きしている間にイワシの大群から離れてしまった。

船を戻してすぐにボトムで軽いバイト。

Dscf4196

今日は一体いくつ獲れるんだろう。

何だか怖くなってきたぞ。

が、その後は波が大きくなったので、急いでマリーナ前に移動。

ここはまだ波がマシなので、しばらくタイラバを巻く。

で、ちょっと穏やかになったところで朝のエリアに入り直す。

イワシの大群はちょっと岸よりに移動していたけどすぐに発見。

朝に大活躍したTGベイトを投下すると、カンカンッと金属的なバイトsign01

が、また軽く聞いてしまう。

朝の反省が全く活かされてない。

でも素直なお魚さんは勝手に針掛かりしてくれた。

でも、、、、、PEから高切れで、TGベイトが初日にして殉職crying

1900円、1900円、1900円。。

長いラインが付いたジグを口に刺したまま生きなくてはいけない魚には申し訳ないけど、ロストした金額がすごく気になる。

ここでもう一つのTGベイトを投入しようとしたけど、ビビってしまい価格が2/3以下のカーブスライダー投入。

ぎこちないスローな誘いでゴンsign01

Dscf4197
朝のより一回り大きいsign01

ドキドキ期待しながら口元を見たけど、TGベイトは無かった。。

この後、イワシの大群は相変わらず見えるも、ジグへの反応は無くて終了。

ちょっとしたジアイだったのかな?

ああ、もうちょっと早く入り直していればな。

なんて考えながらも、今さらながらジグの楽しさを知ってしまった。

|

【2017年2回目】初めての・・

1月9日(月)

今年こそはジグを身に付けたい。
ま、他の釣りが身に付いてるか不明だけど。
そのためには、ジグにたくさんの時間を割かなくてはいけない。
と言うことで、大将に懇願して、3連休中まさかの2回目の出船。
気温高めで、この時期恒例のけあらしも無い。
目的のちょっと遠いエリアに入ってベイトを探す。
が、、、一昨日と違ってベイトが見つからない。
ベイトを求めて岸壁からも届くようなエリアまで行ってしまう。
なかなか第一投ができない。
その間、ボトムに真鯛っぽい反応は出るけど、タイラバはガマンガマン。
暫く彷徨っていると、やっとベイトを発見sign01
記念すべき第一投sign01
が、すぐにベイトが消える。
その後も、ところどころベイトはいるものの、いずれもこじんまりしたものばかり。
このこじんまりしたベイトを見つけるたびにジグを落としてくと・・・
ボトムから10m程度シャクリ上げたところで、ドンsign01
254
なんとヒラメちゃんsign01
青物の引きではないので、てっきりエソかと思って雑に巻いてしまった。
それにしても、これまでエサでしか釣ったことがなかったので、超嬉しいsign03
上手くジグを操作出来てたのかな??
が、この後は、なかなかベイトを見つけることができずにノーバイトで終了。
ベイト探しで迷走してたためにガソリンを5L使ってしまった。
これは過去最高記録かも。

|

【2017年1回目】2017年初獲物は?

1月7日(土)

初釣りsign03
ついに出船時の気温が0℃になってしまった。
でも、アツい気持ちで、思ったよりも寒さは感じない。
年末年始にひょうきんなYさんが良い思いをしたエリアに直行。
先行しているYさんのところに行こうとしたら、、、
けあらしで真っ白。
見える範囲にYさんは居ない。
けあらしの手前で釣り開始。
Yさんの情報通りベイト反応が良好heart01
で、細身のジグでぎこちないワンピッチで探っていくと、ボトムから10mくらい上でドンsign01
Photo
超ロングジグが小さく見える。
2017年の初物だけに、もうちょっと大きいのが良かったけど、ま、良いか。
すぐに船を戻すも、あのベイト反応が行方不明。。
けあらしが消えたところでYさんを探す。
が、見つからない。
このエリアに入ってなかったのかな?
みずくさい。。
ここでタイラバに変更していつものエリアに戻ることも考えたけど、今年はジグを勉強したいので、もうちょっとここで粘ることにした。
たまにベイトのアツい層に当たるので、その都度ワクワクしてしまう。
が、全くバイト無し。
そもそも船が全く流れない。
潮が利きだしたら食うぞ、と自分に言い聞かせながら、船をちょこちょこ移動させて探るも全くダメ。
しばら~くして、ボトムから20mほどでドンsign01
だけ・・・。
直後に、ボトムから数回巻いたところで、ドンsign01の後に竿が絞り込まれたsign01
だけ・・。
時合いか?
集中してジグを落として、ボトムからの巻き上げでいきなり重量感のある引きsign01
数秒だけ・・。
ここでドキドキタイムは終了。
あいかわらず船は全く流れてないし、何故魚のスイッチが入ったのか?これが時合いというやつか。
その後もアツいベイト層から離れられなくて、ファット系なジグや、いかにもエサっぽいジグ、ついにはサビキまで装着したけど、全くバイト無し。
残り1時間となったところで、いつものエリアに向かってタイラバ。
ここも船が全く流れない。
反応も無いし、最後の30分はまったりと魚探も見ずにタイラバを巻いて新年の爽やかな海を楽しむ。
で、最後の巻き上げで、ガガガガsign01ドラグがジ~sign01
完全に乗ったところでしっかりと合わせるも、すぐに外れた。
天を見上げてテンション激下がりでタイラバ回収。
嫌な初釣りの締めくくり。
と思ったけど、タイラバを手にすると、フックが1本切れていた。
エソだな。
急に気分がスッキリして、颯爽と帰港。
ま、エソも美味しいんだけど。
今年はどんな年になるのかな~。
楽しみ楽しみ。

|

【2016年52回目】さわやかな釣り納め

12月24日(土)

今日で釣り納め。
ここのところ釣り納めはショボいので、なんとか真鯛を釣りたい。
まずは今週調子が良かったらしい100mラインに船を走らせる。
でも、反応は芳しくなく、また船の流れも速いのでちょっとずつ岸寄りに戻る。
途中、95mラインでムムムsign01の地形を発見。
で、重~いバイトで
252
47cmsign03
今日はこの1つで満足な感じ。
この後は穏やかな気持ちでタイラバを巻いて、今年最後の海を思いっきり楽しんだ。
途中、ひょうきんなYさんと合流して、起伏のあるエリアで船を並べて釣る。
まずはYさんにヒットsign03
この日2つ目のウミタナゴをキャッチsign03
この直後に小将のティップに僅かな重み。
しれっと巻き続けて乗ったsign03
253
53cmの真鯛ちゃん。
もう満足。
この後はいくつかエリアを転々として晴れ晴れした気持ちで帰港。
来年も、いや、もう2017年なので、今年も良い釣りができると良いな。
今年の目標は、、、、
釣りの幅を拡げたい、っていうのもあるけど、まずはブログの更新を早くすることにしよう。

|

【2016年51回目】マグロ目撃

12月17日(土)

まったり。
う~ん。まったり。
ポカポカ穏やかすぎる海で、9時を過ぎてもタイラバでバイトが1度だけ。
うっかり寝そうになったところで、タイラバロストsign02
前向きな小将は、タチウオかサワラと確信して船を戻す。
と、この時、小さな鳥山の下で黒くてボリュームのある魚が時折姿を見せたsign01
慌てて船を走らせてジグを投入。
もちろん、何のドラマも無い。
あの黒い魚の存在を忘れた頃に、、
251
今日のお土産はコレだけであろうと確信して、しっかりと血抜きした。
その後、ジグを回収中にドンsign03
フックアウトしてしまったけど、まさかあの黒い魚sign02
その後、何度かジグを高速で回収したけど、何のドラマもなく終了。
帰着後、メンバーに聞くとあれはマグロだったようで、アチコチで姿を見せていたらしい。。

|

【2016年50回目】初深場ジギング!初スルメイカ!

12月10日(土)

張り切って現地入りするも前日のうねりが残っている。。
しばらくメンバーと波が落ち着くのを待つ。
で、波が落ち着いてきたところでみんなで出船準備開始。
嬉しいことに今日は”東京の船長さん”の船に同乗させて頂くことになったsign01
近場と、ちょっと遠いところでタイラバを巻くも、反応は良いようだけどバイトがない。
ただ、その間も船長さんにはバイトが出たり、魚探を通して小将のタイラバに魚が追ってきているのが見えたり、と、どうやら小将の釣り方に問題があるようだ。
朝イチはあれだけ波があったのに、この頃には妙に穏やか。
ということで、9時を回っていたけど、船長さんから”深場に行こう!”とお誘い。
初めての深場ジギングということで、小将ワクワクheart01
まともにジグを動かせない小将にとっては、近くで船長さんに教えてもらえるだけで嬉しい。
水深200m。
小将のタックルでは対応できないので、一式を船長さんからお借りする。
すごいプレッシャー。
狙うはアカムツsign01で釣り開始。
思ったよりもゆったりとしたアクション。
深場でラインがたくさん出るけど、船長さんが操船に専念してくれるお陰で何のストレスもなく釣りができる。
船長さん、ごめんなさい。。
で、しばらくして、ティップが明確に押さえ込まれたsign03
アカムツは身が柔らかいということなので、慎重に、かつ時間を掛け過ぎないように巻く。
ドキドキしながら200m巻いたところで、、、、。
水面下に赤い姿が。
250
赤は赤でもスルメイカ。
でも、これまでムギイカしか釣ったことがなかったので、素直に嬉しいsign01
ここでタイムアップ。
深場ジギングを初めて体験できたし、何よりも船長さんの指導を頂けて有意義な釣行でした。
船長さん、ありがとうございましたsign01

|

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »