« 【2017年11回目】やっぱハタの家? | トップページ | 【2017年13〜15回目】暖気運転 »

【2017年12回目】ああ、ジャイアン

3月11日(土)

またハタ家に直行。

のつもりが、途中の浅場にベイトてんこ盛りの反応発見。

とりあえずジグを落としてみる。

何回か流し直したところで、ドンsign02

ヒラメか?気のせいか?

ハタ家が気になってたので、「気のせい」と判断して離脱。

しかし、ハタ家も、その周囲も、全くの生命感無し。

ジャイアンMさんも厳しい感じ。

結局、朝イチのベイトもりもりエリアで、ジャイアンMさんと並んで釣る。

全くバイトが無いけど、お話ししながら釣っていると寂しさを感じない。

すると、Mさん「なんか来た〜。」

百戦錬磨だけに、竿はえらい曲がってるけど、すごく冷静。

ちょうどこの時、ほんと今日イチの反応がバンバン出てたので、Mさんのファイトを横目で見つつ、タイラバとジグで探る。

あれだけ冷静にファイトしていたMさんが、「そっち走った。どいて。」

「やばいやばい、ほんとどいて。」

「ほんと絡んだら許さないぞ。」

これはマジだ。

慌てて回収して、その場を離脱。

特に芳しい反応が無いところでタイラバを巻く。

巻きながら、「そもそも、あのポイントにベイトが居るのを教えたのは小将なんだけどな〜。」

これが縦社会というやつか。

やがて遠くから、「ブリ、ブリsign01

「なんだ、サメじゃなかったのか。」と思ってたら

「こっち来いsign01写真写真sign03

近づくと、体高のあるワラサを手にポーズを決めるMさんの姿。

船を近づける間も、ずっとポーズを決めてるMさん。

船を近づけて、スマホを取り出す。

濡れた指でなかなかパスワードを入力できない。

その間もずっとポーズを決めるMさん。

やっとパチリ。

その後は

「こんなに反応が良いのに何で釣らないの?」

「もう腕がパンパン。」

「まだアタらない?」

ご満悦のまま30分も早上がり。

小将は時間きっちりまでやってノーバイト。

ああ、ジャイアン。。

|

« 【2017年11回目】やっぱハタの家? | トップページ | 【2017年13〜15回目】暖気運転 »

ボート」カテゴリの記事