« 【2017年13〜15回目】暖気運転 | トップページ | 【2017年17回目】船長さんとの約束 »

【2017年16回目】操船に徹する

3月29日(水)

昨日から中将たちはお友達とお泊まり。

せっかくのチャンスなので、会社を休んで大将と釣り。

大将にとっては今年初めての釣りなので、今日の小将は操船に徹することにした。

朝イチの二流し目に大将にヒットsign01

掛けた瞬間に一気に走られ、その後はノソノソ。

巻いても巻いても上がってこない。

リールのカウンターが100m〜90mを行ったり来たり。

いつもは強気の大将が「釣り上げる自信無い・・。」と弱気モード。

そうこうしているうちにフックアウトcrying

回収するとフックが折れてた。

一体何だったんだ?

ちょっとして、船頭である小将から提案。

「よし、竿をチェンジしてみよう。コレ使って。」

反応はポツポツあるので、しばらくここで粘ってると、大将にヒットsign01

Dscf4230

「さっきのに比べたら、全然チョロイ。」だって。

Dscf4233_2

ドス黒いオス。

ここで船頭である小将から再び提案。

「よし、竿をチェンジしてみよう。やっぱコレ使って。」

エリアを変えて、ちょっと浅めのところで大将にヒットsign01

Dscf4234_2

小振りだけど、腹パンのメス。

大将:「別にタックルなんて、どーでも良いんだけど。」

大将:「で、今度はどれを使えば良いの?」

小将:「・・・。」

何かギクシャクしたまま帰着時間を迎えて終了。


|

« 【2017年13〜15回目】暖気運転 | トップページ | 【2017年17回目】船長さんとの約束 »

ボート」カテゴリの記事