« 【2017年29回目】心やさしいメンバーさんに感謝! | トップページ | 【2017年31回目】同じメニュー »

【2017年30回目】1ヶ月のブランク

7月19日(水)

なんと1ヶ月振りの釣り。

午後にどうしても外せない用事があるので、念のために朝から一日会社を休んで出撃。

どうやら、型の良いサバが回ってるらしい。

ただ、今の小将にとっては、海に浮かべるだけでも、そして何でも良いから新鮮な魚が食べられればそれで良い。

ベイト、スピニングのタイラバとジグをセットして出航。

とりあえずマリーナを出て北上する。

「サバが海面バシャバシャかな〜。」

と期待しながら進むも、すごく静か。

まずはマダイの実績のあるエリアにボートを置いて反応を探る。

やっとサバらしい反応を発見。

これまでならスルーしちゃうかもしれないけど、今日の小将は違う。

サバの反応を見ながらニヤニヤして、タックルボックスからカーブスライダーを取り出して、フックをセット。

そして、1ヶ月ぶりの釣り開始sign01

・・・・・。

sign02 sign02 sign02

ジグをりーダーに結ばずに、海中に投げ込んでしまったではないかsign03crying

1ヶ月のブランクは怖い。

で、再度ジグをセットする気も起きず、タイラバで開始。

Dscf4298

食材確保。

さっきのカーブスライダー喪失が引っ掛かるけど、嬉しいsign01

Dscf4299_2

ボトムで喰ったので、何かと思ったら・・・。

魚体をよ〜く観察したけど、2つの点は見つからず、リリース。

こうやって久々の魚の引きを堪能した後に、マダイを狙うべくポイント移動。

が、、、、。

走行中に魚探の電源が落ちた。

充電し忘れたsign01crying

1ヶ月のブランクは怖い。

再度電源を入れると数分は持つので、騙し騙し使っていたが、ポイントを選定できぬまま、全く使えない状態になってしまった。

しょうがないので、 潮目を探して、ひたすら自分を信じてタイラバを巻くことにする。

巻き上げ直後に、ドンsign01

Dscf4300
うっれし〜sign01

このお刺身と、サバの干物で、もう満足。

しばらくすると、ちょっと違う感じで・・・・

Dscf4301
もう最高sign01

ハタとホウボウの二種盛りsign03

その後、いかにもマダイsign01っていう、ファイトを味わうもフックアウト。

それでも大満足して納竿。

帰宅して、まっ先にやったこと。

1.「充電確認」という標語を玄関ドアに貼り付け。

2.「リーダー結んだ?」と書いたメモ用紙をタックルボックスに入れた。

意外にこういうことはマメな小将。

ただ、大将には、「釣りに行く朝に充電確認って、そこで充電してないことに気付いたらどうするの?バカ。」と一蹴されてしまった。




|

« 【2017年29回目】心やさしいメンバーさんに感謝! | トップページ | 【2017年31回目】同じメニュー »

ボート」カテゴリの記事