« 2017年7月 | トップページ | 2018年1月 »

【2017年34回目】サバとイナダのハズが。。

8月27日(日)

今日も朝イチはタチウオを狙ってみる。

ちょっと出遅れて出航すると、狙いのエリアにはマリーナメンバーさんが集結。

まだ揚がってない感じかな。

ボトム付近に映った小さい反応を信じてジグを落とすと、ドンsign01

思いっ切りコーフンしたけど、サバ。

その後、あちこちウロウロするも、ノーバイト。

ここで大将はジグからタイラバにチェンジ。

たまにマダイっぽい反応が出るのでちょっと期待。

そしたら、大将にヒットsign01

竿を叩くファイトは明らかにマダイだけど、スッポ抜け。

心の中で笑っちゃう。

直後にジグでドンsign01

で、イナダ。

やっぱ小将にはタチウオは見つけられない。

すると、大将が「あ〜・・・。」

フォール中に切られた。。

タチウオ居たのか〜。

結局、サバとイナダだけのクーラーボックスを持って帰港。

が、、、。

マリーナの凄腕Kさんから、ホウボウとカサゴsign01

塾長Nさんからは良型揃いのアジsign01

Dscf4314
みなさん、本当に、いつもいつもありがとうございますsign01



|

【2017年33回目】脂ノリノリに感動

8月23日(水)

夏休み最終日。

先週の苦行では中将たちに少しだけ悪いことをさせてしまったので、今日は中将サービスのつもりで出撃。

のつもりだったけど、マリーナのメンバーさんによると、タチウオが入ってきてるらしい。

ということで、朝イチは中将たちに眠って頂いてタチウオを探し回ることにした。

でも、2時間ウロウロして、大将に2回バイトがあっただけ。

タチウオを諦めてタイラバを巻き始める。

大将がソーダ、ペンペン。

中将たちがサバ。

その間に、小将は、貫禄の白身魚3連発。

Dscf4310
マダイと勘違いした30UP。

Dscf4311
4釣行連続のハタ。

Dscf4312
これも丸丸太った30UP。

ソコイトの脂のノリにびっくり。

刺身も焼き物も最高sign01

また釣りたくなってしまった。


|

【2017年32回目】家族で苦行

8月16日(水)

夏休みど真ん中の釣り。

ちょっと天気が気になるけど、前日に買ったタイラバのニュータックルを試したくて出撃。

大将と雨雲を気にしつつタイラバを巻く。

なかなかバイトがもらえなくて80mの深場に移動したところで何やら違和感。

Dscf4304
極太のロングスカートに喰ってきたオニカサゴ。

で、ついに雨がポツポツ。

デッキで寝てる中将たちも目が覚める。

「今、何時?」

「何時に帰る?」

起きてすぐに嫌なことを言い出す。

もちろん、大将も無視。

しばらくして大将にヒットsign01

Dscf4305
ここのところハタに恵まれてるheart01

さらに雨足が強まる。

中将たちが震えてるように見えなくもない。

ま、プール大好きだし大丈夫だろう。

ここで大将に再びヒットsign01

マダイじゃ無さそうだし、これでホウボウだったら、前回、前々回に次いで3回とも全く同じだな。

なんて、少し期待してたら

Dscf4306
アマダイちゃんheart01

で、ここでついにギブアップ。

今日、中将たちは何をしに来たのだろう。




|

【2017年31回目】同じメニュー

7月23日(日)

久々の家族釣行。

何よりも、釣り大好き大将は、前日から大コーフン。

今日は、いつでもジグを投入できる準備をしつつ、マダイを探る。

サバの反応があれば、すぐに中将たちにジグを落とさせるのだ。

前回同様、やっぱサバが見つからない。

ということで、そっと中将たちを寝かしておく。

明るくなったところで、タイラバに明確なバイトsign01

Dscf4302
ずいぶん引くと思ったら、47cmのグッドサイズsign01

その後、大将にバイトはあるもの、なかなかフッキングしないらしい。

そこで大将は、中将用にセットしておいたジグタックルに変更。

すぐにヒットsign01

マダイでは無いようだけど、青物でも無さそう。

先週のハタが美味しかったので、「ハタ、ハタ、ハタ」のハタコール。

Dscf4303
まさか。。。

ほんと嬉しい。

小将が釣った訳では無いけど。

ここで中将たちが起きたので、サバを探し回る。

ところどころで小さい反応。

小将は操船に専念して、中将たちにジグを落とさせる。

すると、小さいけど、フォールで面白いようにアタッて、2人とも大満足。

良いことをした感じで、小将も大満足。

そして、帰宅した後も、前回と同じ二種盛りに大満足sign01

|

【2017年30回目】1ヶ月のブランク

7月19日(水)

なんと1ヶ月振りの釣り。

午後にどうしても外せない用事があるので、念のために朝から一日会社を休んで出撃。

どうやら、型の良いサバが回ってるらしい。

ただ、今の小将にとっては、海に浮かべるだけでも、そして何でも良いから新鮮な魚が食べられればそれで良い。

ベイト、スピニングのタイラバとジグをセットして出航。

とりあえずマリーナを出て北上する。

「サバが海面バシャバシャかな〜。」

と期待しながら進むも、すごく静か。

まずはマダイの実績のあるエリアにボートを置いて反応を探る。

やっとサバらしい反応を発見。

これまでならスルーしちゃうかもしれないけど、今日の小将は違う。

サバの反応を見ながらニヤニヤして、タックルボックスからカーブスライダーを取り出して、フックをセット。

そして、1ヶ月ぶりの釣り開始sign01

・・・・・。

sign02 sign02 sign02

ジグをりーダーに結ばずに、海中に投げ込んでしまったではないかsign03crying

1ヶ月のブランクは怖い。

で、再度ジグをセットする気も起きず、タイラバで開始。

Dscf4298

食材確保。

さっきのカーブスライダー喪失が引っ掛かるけど、嬉しいsign01

Dscf4299_2

ボトムで喰ったので、何かと思ったら・・・。

魚体をよ〜く観察したけど、2つの点は見つからず、リリース。

こうやって久々の魚の引きを堪能した後に、マダイを狙うべくポイント移動。

が、、、、。

走行中に魚探の電源が落ちた。

充電し忘れたsign01crying

1ヶ月のブランクは怖い。

再度電源を入れると数分は持つので、騙し騙し使っていたが、ポイントを選定できぬまま、全く使えない状態になってしまった。

しょうがないので、 潮目を探して、ひたすら自分を信じてタイラバを巻くことにする。

巻き上げ直後に、ドンsign01

Dscf4300
うっれし〜sign01

このお刺身と、サバの干物で、もう満足。

しばらくすると、ちょっと違う感じで・・・・

Dscf4301
もう最高sign01

ハタとホウボウの二種盛りsign03

その後、いかにもマダイsign01っていう、ファイトを味わうもフックアウト。

それでも大満足して納竿。

帰宅して、まっ先にやったこと。

1.「充電確認」という標語を玄関ドアに貼り付け。

2.「リーダー結んだ?」と書いたメモ用紙をタックルボックスに入れた。

意外にこういうことはマメな小将。

ただ、大将には、「釣りに行く朝に充電確認って、そこで充電してないことに気付いたらどうするの?バカ。」と一蹴されてしまった。




|

« 2017年7月 | トップページ | 2018年1月 »