« 【2018年3回目】ついに会話も無くなった | トップページ | 【2018年6回目】ドキドキのバレンタインデー »

【2018年4回目、5回目】迷船頭日記

新年開幕はブログ更新が好調だったのに、いきなりの3ヶ月サボリ。

1月28日(日)

今日は、ゆかいなYさんが大将丸に乗船。

息子さんが優秀な学校に入学が決まった、とのことで、何としてもお祝いのマダイを釣ってもらわなくては。

すごいプレッシャーを感じながら操船。

開始早々にYさんがアマダイをキャッチheart01

しかしその後は、バイトが遠く、、、、

「息子さん、お父さんの背中を見て、相当な危機感を感じて猛勉強したんですね。」

「いや〜。Yさん、反面教師の成功例ですよ。本書けますよ。」

「僕も、娘の前では、ダメな親父を演じようかな。」

なんて、会話が弾んでるところで沖上がりの時間。

Yさん、懲りずにまた乗って下さいsign01

2月4日(日)

今日は、”東京の船長さん”が大将丸に乗船。

何とか船長さんに船頭を務めてもらうべく交渉したものの、結局は小将が船頭に。

2週続けてプレッシャーを感じながら出船。

今日は早いうちから風が吹き出す予報なので、早く勝負をつけないと。

ちょっと深めのエリアを目指すものの、ごく近くのベイトてんこもりのエリアについついトラップされてしまう。

で、さすが船長さん。

いきなり50センチ近いアマダイをキャッチsign01

「このポイントでアマダイ?」と船頭がビックリしてしまったが、平然と、あたかも狙い通りだった体を装う。

出だしは良かったものの、予報通りに風が吹き出して終了。

「アマダイを釣らせる名船頭ですよ。」

「あと1時間できたら、どれだけ釣れてたか。きっとエラいことになってたハズ。」

「今日はたくさん教わりました。」

なんて、今思うと確かに言われたような気がして、記事を書きながらちょっと照れてしまった。

|

« 【2018年3回目】ついに会話も無くなった | トップページ | 【2018年6回目】ドキドキのバレンタインデー »

ボート」カテゴリの記事