« 【2018年13回目】連投 | トップページ

【2018年14回目】イカ事件

3月31日(土)

今日も落とし込み。

やっぱベイトはまばら。

大将は掛けた貴重なベイトでエソ連発。

Dscf4419
エソすら当たらない小将は、ちょっと悔しい。

そこで、1時間限定でタイラバでマダイ狙いをする許可をもらった。

何で船頭が気を遣わなくちゃいけないのかわからないけど。

60〜70mラインを、大将はタイラバ、小将はTGベイトで探る。

しばらくして小将のTGベイトに違和感。

巻き上げ直後に何か乗ったものの、マダイでは無い。

でも重い。

まさか、落とし込みで釣れなかったエソかsign02

いやいや、、、

Dscf4421
何と、胴長30cmのケンサキイカsign03

イカメタルってやつか。

ま、”東京の船長さん”には、沼津港で捨てられた、外国産の冷凍モノを引っ掛けたのでは?

なんて温かい言葉をもらったけど。

その後、大将がムシガレイをキャッチしたところで、大将念願の浅場での落とし込みに移行。

なかなかベイトが付かないので、ジャイアン流の泳がせで狙う。

もちろん、イワシを釣る役は小将。

で、本命を釣る役は大将。

Dscf4420

良型の本物。

|

« 【2018年13回目】連投 | トップページ

ボート」カテゴリの記事