ボート

【2019年2回目】怒られた

1月19日(土)

大将の初釣り。

よし、今日もでかアマダイにでかハタだ。

説得して深場嫌いの大将を80mラインに連れていく。

すぐに大将にヒット

Img_20190119_071833

でも、チャリコのためにリリース。

今度は小将にヒット

でもフックアウト。

で、またヒット

お持ち帰りサイズのマダイ。

針の掛かりを確認した上でゴボウ抜き。

落ちた。。。

「あんた。バカなの?アホなの?どっちなの?」

凹んでる人間に、よくもそこまで言えるもんだ。

今度は大将。

ちっちゃいアオハタ。

Img_20190119_072627

かわいそうに誰かの針を飲み込んでいる。

よくもこの状態で食ってくるもんだ。

今度は小将。

何か変なファイト。

「サバだよ〜。」

って抜きあげたら、アジだった。

Img_20190119_073202

危ない危ない。

「マジでバカ?何で学ばないの。ついさっきのコトなのに。」

アジを釣っても喜んでる時間すら与えてくれない。

アジを狙って何度か流し直したところでヒット

アジじゃない。

デカいサイズに目が慣れてしまっているけど、まあまあのサイズ。

慎重にタマ入れ。

Img_20190119_075224_2

「おいおい。遠くで誰か見てて、「釣れたんですか!」って来ちゃったらどうするの?恥ずかしい。」

「・・・。」

誰か、正解を教えて。

それにしても、ほんと今日は良くアタる。

まだ8時前。

しかし、、これぞジアイだったのか、その後3時間ノーバイトで終了。

「あのマダイがあれば晩ご飯もカタチになったのに。」

「あのマダイをちゃんと釣ってれば、その後の流れが変わったかも。」

帰りの車中で言われ放題だったけど、「その後の流れが変わったかも」と言うのは未だに理解できない。

|

【2019年1回目】上々なスタート

1月4日(金)

この正月休み中に釣り初めをできるのは珍しい。

いや、初めてかも。

しかし、気合いが入りすぎて、その気合いが魚を警戒させてしまったのか、全くのノーバイト。

それでもしつこく潮目に乗って流し続ける。

気づけばもう9時。

新年一発目からの丸ボーズも考え始めた時に、ボトムで重量感

これは、、、。

やっぱり

50UPのでかアマダイ

Img_20190104_090135

もう、これで満足。

小将の強すぎる気合いが無くなって、魚の警戒心が緩んだせいか、魚探にマダイの反応が出始めた。

10m近く巻き上げたところでバイトを貰うも、すぐにフックアウト。

マダイだな。

そのまま潮目に乗って流すと、またバイト。

これもフックアウト。

マダイだな。

2回続けてバラしても、でかアマダイのおかげで心に余裕がある。

でも、その後はジアイが去ったせいか、朝の静かな海に戻ってしまった。

で、11時の納竿間際になって、強烈なひったくり

思わずリールから手を離してしまったけど、まだ魚は付いていた。

これはもしかして、、、

やっぱりハタちゃん

これも50UPで嬉しいサイズ。

Img_20190104_105128_2

そのまま締めて、バケツに突っ込んだまま急いで帰港。

いや〜。新年早々幸せだな〜。

|

【2018年44回目】ビミョーな釣り納め

12月23日(日)

大将と釣り納め。

サバは懲りごり。

ということで、アマダイの実績ポイントに一直線。

まずは第一投。

いきなり上層でヒット

サバかよ〜。

今日は煮ちゃうよ。

なんて考えてたら、まさかのサゴシちゃん

Img_20181223_070552_2

嬉しいクリスマスプレゼントだ。

しばらくしてまたフォールでヒット

「おいおい、今日はジグだぜ。」と、タイラバの大将に話しながら巻き上げると、サバフグ。

危ない危ない。2000円ロストするところだった。

怖くなったので大移動。

ここからは小将は完全沈黙。

大将は、小振り揃いながらも、ホウボウ、チャリコ、チャリコ、マダイ。

Img_20181223_093731

「あんた、今日はタイラバだね。いや、ウデか。」

何も言い返せなかった。

|

【2018年43回目】年の瀬になって、今年初の・・・

12月16日(日)

また大サバを釣りたい。

先週の大サバは1匹丸々を味噌煮にしたので、今度はしめ鯖だ

ところどころ中層に反応が出る。

すぐに消えちゃうのでなかなか当てられない中、ようやく本命ヒット

う〜ん。ちょっと小振り。

Img_20190316_082658

その後はアマダイ。

Img_20190316_082723

マダイ。

Img_20190316_082634

で、最後の最後に珍事。

ボトムから20m以上巻き上げたところで何やらヒット。

夢の大サバ?

いや、違う。

マダイ?

いや、違う。

ハタ?

いや、違う。

イロイロ考えながら巻いていると、ようやく水面に顔を出したのはまさかの。。

ホウボウちゃんって、餌に乗っかって捕食するイメージだったけどな。

Img_20190316_082903

晩ご飯は、マダイ、アマダイ、ホウボウ、それにしめ鯖の4種盛り。

酔っ払ってご機嫌で布団に入って、、、、

午前3時に腹痛で起床。

胃がチクチク。

ヤツにヒットしてしまったようだ。

今年は珍しくノーヒットだったのにな〜。

|

【2018年42回目】でかアマダイシーズン到来!

12月8日(土)

いや〜。今日はうねりが大きい。

ちょっと怖いので、近場限定。

すると、いきなり45センチのアマダイがお出迎え

Img_20190316_081631

いや〜。ついにこの時期が来たな〜。嬉しいな〜。

続いては食べ頃マダイ。

Img_20190316_081609

しばらく沈黙の後、うねりが収まったところで、実績ポイントに入る。

良い感じで起伏をなめるように船が流れる。

そしたらドン

狙い通りで嬉しい。

Img_20190316_081533

船を戻しての1投目。

今度はフォールで何やらヒット

嬉し過ぎる、丸々太ったサバちゃん

Img_20190316_081650

寒いけどオイシイ時期になったな〜。

|

【2018年41回目】中将2号マダイ捕獲!

11月24日(土)

ここのところ赤ちゃんマダイの調子が良いので、これなら中将たちでも釣れるかも!

そう考えて、家族4人釣行。

なんて家族思いの小将なんだろう。

まずは先週、大将がハタを捕獲したエリアに向かう。

でも、ここは潮の流れが速くて中将たちには釣り難そう。

大将と2人なら苦にならない程度だけど、子供思いの小将は穏やかなエリアに変更。

ここは起伏があって根掛かりの危険性もあるけど、家族思いの小将は子供がルアーの1つや2つロストしても気にしない。

で、まさか、いや、狙い通りに中将2号の竿にバイト

でも乗らなかった。

で、すぐに再びバイト

今度は乗った

しつこいアタック、それに竿を叩くファイトはマダイに違いない。

中将1号がタモ入れしてマダイ捕獲

Img_20181124_070750

その後、このエリアで粘るも小将が根掛かりでジグを1つロスト。

まさか自分がロストするとは。

2000円近いロストだけど、大将も中将の釣果にご機嫌なので怒らない。

その後は小将がビミョーなサイズのソコイト、マハタ、ホウボウを捕獲して終了。

Img_20181124_095827 Img_20190316_080625 Img_20190316_080720 p>いや〜、ほんと、最高の家族サービスが出来た1日だったぞ。

|

【2018年40回目】信じてあげなくてゴメン

11月17日(土)

今日は中将抜きで、大将と2人でがちアジ釣り。

いつものアジ釣りは何だかんだ中将たちの世話で手一杯だからね。

しかし、、、

まさかのアジ1つ。

もちろん、釣ったのは小将だけど。

その後はマダイ狙いで大きくポイント移動。

いきなり小将にビッグバイトがくるも、痛恨のフックアウト。

って、、フックが2本とも曲がってる

その後も、歯モノに数回アシストを切られて意気消沈。

しばらくの沈黙後、納竿時間間際になって、いきなりバイト連発。

イトヨリを皮切りに、小振りながらも大将とマダイ4連発。

Img_20181117_090620 Img_20181117_101929 Img_20181117_095515 Img_20181117_102122

うち3連発は大将。。

面白くなってきたので、大将とのトップ会談で1時間延長決定。

その直後、大将が固まった。

「10m以上巻いたところでいきなりひったくられて、それから動かない。」

確かに全く動かない。

どうせ根掛かりだろ。

いや、ここに根は無いしな〜。

大将のことだ。根掛かりに違いない。

船を回して根から外す作戦に出た。

「あんた。根掛かりだと思ってるでしょ。」

「そんなことないよ。」

「だったら船回さないでよ。魚から針が外れたらどうすんの?」

「・・・・。」

「あんた。今、時計見たでしょ。せっかく延長したのに・・って考えてない?」

「・・・・。」

小将は気持ちが顔に出やすいタイプなのか、すべてお見通し。

「よし、あと5分。そっとして待ってよう。」

船頭である小将の決断である。

すると間もなく、大将が涙目でリールを巻いている

「ほら、ほら、巻けてる、巻けてる

Img_20181117_110332_2

「やっぱコイツだったか。コイツらは、ボトムに張り付くんだよな。」

「何だよ。信じてなかったくせに。そもそもあんた、こんなサイズ釣ったことないだろ。バカ。」

「・・・。」

その後大将が、ここら辺では珍しい連子鯛を釣って終了。

Img_20181117_111750

今日の小将はタモ入れした記憶しかない。

|

【2018年39回目】プレッシャーに強い男・今日だけ

11月10日(土)

今日は中将たちのお友達の家にお呼ばれ。

マダイ捕獲指令が出された。

こんな時、小将はめっぽう弱いんだよな〜。

でも、今日の小将は違う。

開始間もなく60UP

Img_20181228_162611

その後も小振りが混じりながらも、続くは続くで3枚追加。

Img_20181228_162705 Img_20181110_081333 Img_20181110_090108

バイトも多く、60〜90mラインまで、どこにでも居た感じだったな。

水温も下がってきて、これから本格化かな?

|

【2018年38回目】ギリギリセーフ

11月3日(土)

今日は釣りの後に実家帰省。

よし、アオリイカを持って帰ろう

ということで、アオリ釣り大好きの大将を釣れて出船。

しかし、、、

大将、全く役に立たず。

そんな小将も8時を過ぎたところでやっと1杯。

Img_20181103_083732_2

それっきり。

でも、少しだけどお土産が出来て良かった良かった。

|

【2018年37回目】凪ぎ倒れ②

10月28日(日)

今日は中将たちのそろばん検定試験。

今日までよく頑張ったね。

パパは海から祈るよ。

p>大将も中将たちも、まさかこの日に釣りに行くとは思ってなかったらしい。

でも、、、

バチが当たったのか、2週連続のまったり。

帰り際に、事故でTGベイトにタチウオが食ってきただけで終了。。 Img_20181028_092104_2

|

より以前の記事一覧