ボート

【2017年23回目】目からウロコの落とし込み

5月14日(日)

今日は、”東京の船長さん”と落とし込みheart01

船長さんを、我が第二大将丸にお招きして、船頭を務めて頂く。

ルアーのイメージが強い船長さん、落とし込みでじっとバイトを待ってられるかな?なんて考えちゃったりして。

イワシは居るようだけど、群れが小さくて速いらしい。

移動時間20に対して、釣り時間1の割合くらいか。

とにかく、1回落としてイワシが掛からなかったら移動。

もしくは、サビキ落下中でも、「はい上げて。」。

ここで、マリーナメンバーが居ないエリアに向かう船長さん。

でも、小将のような迷走では、決して無い。

しばらくして、クールな船長さんが、「居るよ。やって。」

で、すぐに船長さんにバイト。

待って、待って、待って、、、、ドンsign03

すごい締め込み。

見てるこっちがコーフンしてしまうくらい。

何せ、クールな船長さんが「デカいヒラメ」と言うくらい。

でも、、、痛恨のフックアウトcrying

ここで小将も気合が入る。

でも、移動。

しばらくしてから、「ここ居るよ。」

で、本当に居た。

サクっと、船長さん、ヒラメをキャッチheart01

「まだ居るよ。」

で、ついに小将にsign03

「ヒラメ、ヒラメ」と念じてたものの、首を振るこのファイトは・・・。

Dscf4265

60UPのマダイちゃんheart01

その後、移動、移動、移動、移動、移動の連続なものの、イワシが付けば必ずヒット。

ダブルヒットもあったし、、船長さんはヒラメ2枚追加やら、グッドサイズのハタやらサバ。

で、小将も・・・。

Dscf4266

今年初のヒラメちゃんheart01

Dscf4267
さっきよりもデカいマダイちゃんheart01

Dscf4268
60UPのヒラメで締めくくるsign03

帰着後、あまりのご機嫌ゆえに、富士のダンディーTさんにマダイを進呈sign01

いや〜。

今日は、全てが気持ち良いsign01
ほんと、「落とし込み=待ちの釣り」だと思ってたけど、今日は初めての体験。

イワシが付けば必ずバイトがあるなんて。

聞くと、フィッシュイーターが付いてるベイトを探している、とか。

その時の魚探映像を見れなかったのがヒジョーに悔やまれるけど、しっかりとお話を聞けたので、これからはきっと。。

小将の落とし込み釣りが大きく変わるに違いない。

船長さん、どうもありがとうございましたsign03

|

【2017年22回目】今年初の、あのドキドキ

5月7日(日)

連休中に、どんな釣りでも完璧にこなしてしまうKさんが、落とし込みでヒラメをキャッチsign01との情報。

もうガマンできない。

落とし込みサビキを持って、連休最終日に出撃。

船を出してすぐに、イワシが居る居るheart01

ここで、小将は落とし込み、大将はタイラバで釣り開始。

すぐにサビキにイワシが掛かる。

本物のエサとタイラバじゃ、どう考えてもこっちが有利heart01なんて考えてアタリを待っていたら、大将の竿が曲がる。

Dscf4261

だいぶ上の棚で喰ってきたようだ。

イワシを意識している魚かな?

だったら、本物のイワシが付いてるこっちが有利。

で、例の、イワシが逃げるブルブルを感じたheart01

うひょーheart01

これこれheart01

ドキドキheart01

で、この後、何もなく終了。。

傷だらけのイワシが戻ってきた。

でも、やっぱ良いね〜。

この感じ。

その後も、今日の釣りを自分有利に進めるべく、大将にはタイラバのみを使わせる。

で、ヒットsign03

大将に。。

Dscf4263
う〜ん。

何かがおかしい。

ここでタイラバにチェンジしたら大将に馬鹿にされること確実なので、あえてジグを投入。

ボトムで弱ったイワシをイメージしてると、、、。

Dscf4264

元気なイワシが喰ってきた。

サイズを見る限り、ジグの選定は間違いないようだ。

でも、その後、全くノーバイトだったので、何かが違うようだ。

小将のウデの問題では無いとすると、一体何が違うのか?

|

【2017年21回目】素晴らしい仲間に感謝!

5月3日(水)

更新サボり最長記録かも。。

釣りの後に、大将の実家帰省なので、何とかお土産を確保したい。

大将の実家は山の奥で海がないので、新鮮な魚は喜んでくれるに違いない。

ということで、お土産確実と思われるアジの後に、マダイを狙うことにした。

しかし、、、。

アジの神様を怒らせてしまったせいか、2時間掛けて5匹。

大将が釣った3匹は、まあまあお刺身十分サイズなものの、小将の2匹は、生き餌にしても小さ過ぎるサイズ。

その後、タイラバに移行するも、まったりノーバイト。

終了間際に大将の竿が曲がる。

Dscf4254_3
水深70mに潜んでた、お刺身サイズ。

これにて納竿。

カサゴとアジの刺し身2種盛りなら豪華だけど、いかんせん量が・・・。

と、ここで船陸揚げ後のバイト多発heart01

凄腕Kさんの近くに差し掛かったところで、コツコツと軽いバイト。

その後一気に竿を絞り込んだのは60cmUPのマダイsign03

Dscf4260

次いで、鳥山ハンターSさんの近くに差し掛かったところで、初めて感じるバイト。

何とsign01お初のエチオピアと沖ギスの一荷sign03

Dscf4255
最後のひと流し、と心に決めて、どんな釣りでも完璧にこなしてしまうKさんの近くを流すと、ブルブルブルと初夏を感じさせるバイトで、良型サバの一荷sign03

Dscf4259

みなさん、本当にありがとうございましたsign03

大将ともども、そして、大将の実家家族も、みなさんの優しさを感じながら、魚を美味しく頂きましたsign03

ああ、4月2日に小将がマダイを進呈した”東京の船長さん”も、きっとその夜は同じことを感じていたんだろうな。

|

【2017年20回目】始めてのカラー

4月30日(日)

記念すべき、今年20回目の釣行。

振り返れば色々あったな。

4月2日(日)12時頃には、”東京の船長さん”に真鯛を進呈したっけ。

家族釣行にビクビクしていたけど、前日は大将が飲み会で帰宅が遅かったために単独釣行heart01

前日は真鯛が結構揚がったようだし、期待して出撃。

反応は良いものの、なかなかアタらない。

そこで、普段は滅多にユニット交換はしないけど、試しにジャイアンMさんオススメの緑スカートにチェンジ。

タイラバを始めてだいぶ経つけど、緑スカートは使ったことがない。

半信半疑で、いや、100%疑心をもって投入。

すると、、、

何てこったsign02

一投目でヒットsign02

Dscf4253

こんなコト、Mさんに話したら、”ほら見ろ。俺の言った通りだ。金よこせ。”というに違いないので、黙っておこう。

|

【2017年19回目】家族釣行の始まり・・

4月22日(土)

”東京の船長さん”に真鯛を進呈してから3週間。

今日は、今年初の家族4人釣行。

大将はアジを釣りたがってたけど、まだ良い情報も聞かれてないし、何とか説き伏せて真鯛狙い。

前日から気合入りまくりで3時に起床した中将たちは、案の定爆睡。

2人を起こさないように、静かに大将とタイラバを巻く。

で、やっぱり大将だけ釣って終了。

Dscf4250
全くつまらん。

でも、中将達を思いっ切り早起きさせれば、大将とのんびり釣りができることがわかったのが大きな収穫だな。



|

【2017年18回目】何とか乗れた

4月16日(日)

”東京の船長さん”に真鯛を進呈してから2週間。

果たして今日はどういう釣りになるかな?

久しぶりの釣りで期待して臨んだものの、全くバイトが無いまま帰着予定時間まであと1時間。

凄腕Kさん、鳥山ハンターSさんのそばで釣らせて頂く。

聞けばKさんはすでに真鯛2枚。

Sさんも真鯛を1枚確保していて、さらにお二人ともサバも揚げてるとのこと。

見ていて余裕な感じのお二人に対して、偏光グラスの下で涙を流しながら釣ってる小将。

ちょっとしてからSさんが”反応が凄い!あ、アタッた!あ〜、やられた!!”。

でもその直後に、しっかりと真鯛をキャッチ!

これはチャンスか?

期待してタイラバを巻いていると、何かが追ってる重さをキャッチheart01

で、巻き続けると明確な重さに変わったheart01

軽くなったcrying

ここで思わず悲鳴に似た声を発してしまった。

それに気づいたKさんが見ているところで、、、

それでも巻き続けていたタイラバに完全に乗ったheart01

喜びの頂点heart01

ウヒョーsign03

小将の単純過ぎる感情の変化を、Kさんにそのまま見られてしまって恥ずかしい。。

50ちょっとの食べ頃サイズで満足満足。

満足しすぎて写真撮り忘れ。

直後にKさんにもバイトがあったものの乗らなかったようだ。

このジアイに何とか乗れて良かった良かった。

|

【2017年17回目】船長さんとの約束

4月2日(日)

新年度最初の釣りということで、ここ5回の悪い流れを変えたい。

まずは、この間大将が釣ったエリアに向かう。

う〜ん、反応が見当たらない。

風で船も流されてラインがたくさん出ちゃうので、ちょっと浅場寄りを探る。

たま〜にポツポツ単体の反応が出てくるところで釣り開始。

開始して間もなくジワ〜ッと重みsign01

1ヶ月振りのやり取りを楽しんで上がってきたのは

Dscf4235

美しすぎるメス。

その後、ガコンsign02とひったくるバイトや、フックからトレーラーだけ盗み取るバイトが出たり、結構活性が高い。

今日だったら、ここ数ヶ月実現できていない”東京の船長さん”との約束を果たせるかもheart01

ここのところずっと深場釣りばかりで真鯛を狙ってない船長さん。

「2枚釣ったら1枚進呈」という約束を、確か、はるか昔の年初に交わしたのだ。

しばらくして、ジワ〜ッと重みを感じて、、、

Dscf4236

どす黒いオス。

何とこのマダイ、やり取りの最中に船長さんが登場して、思わずスタンディングファイトで猛アピールしてキャッチしたのだ。

よし、このマダイを進呈しようsign03

その後、ショートバイトが数回あった後、珍しくひったくっていくバイトをしてきたのは

Dscf4237

こんな可愛い顔して、実はオス。

そして、最後はこれで終了。

Dscf4238

バッタもん。

今日は久しぶりに魚の引きを味わえて良かった。

いや、それ以上に船長さんとの約束を果たせたのが嬉しかったな〜。




|

【2017年16回目】操船に徹する

3月29日(水)

昨日から中将たちはお友達とお泊まり。

せっかくのチャンスなので、会社を休んで大将と釣り。

大将にとっては今年初めての釣りなので、今日の小将は操船に徹することにした。

朝イチの二流し目に大将にヒットsign01

掛けた瞬間に一気に走られ、その後はノソノソ。

巻いても巻いても上がってこない。

リールのカウンターが100m〜90mを行ったり来たり。

いつもは強気の大将が「釣り上げる自信無い・・。」と弱気モード。

そうこうしているうちにフックアウトcrying

回収するとフックが折れてた。

一体何だったんだ?

ちょっとして、船頭である小将から提案。

「よし、竿をチェンジしてみよう。コレ使って。」

反応はポツポツあるので、しばらくここで粘ってると、大将にヒットsign01

Dscf4230

「さっきのに比べたら、全然チョロイ。」だって。

Dscf4233_2

ドス黒いオス。

ここで船頭である小将から再び提案。

「よし、竿をチェンジしてみよう。やっぱコレ使って。」

エリアを変えて、ちょっと浅めのところで大将にヒットsign01

Dscf4234_2

小振りだけど、腹パンのメス。

大将:「別にタックルなんて、どーでも良いんだけど。」

大将:「で、今度はどれを使えば良いの?」

小将:「・・・。」

何かギクシャクしたまま帰着時間を迎えて終了。


|

【2017年13〜15回目】暖気運転

3月12日(日)、18日(土)、25日(土)

春とはいえ、まだまだ寒い。

じっくりと暖気運転。

エンジンが安定したところで、ちょうど帰着時間。

この3日間、釣りはしてないけど、ま、良い釣りをするためには、まずは船の調子が良くないとね。

|

【2017年12回目】ああ、ジャイアン

3月11日(土)

またハタ家に直行。

のつもりが、途中の浅場にベイトてんこ盛りの反応発見。

とりあえずジグを落としてみる。

何回か流し直したところで、ドンsign02

ヒラメか?気のせいか?

ハタ家が気になってたので、「気のせい」と判断して離脱。

しかし、ハタ家も、その周囲も、全くの生命感無し。

ジャイアンMさんも厳しい感じ。

結局、朝イチのベイトもりもりエリアで、ジャイアンMさんと並んで釣る。

全くバイトが無いけど、お話ししながら釣っていると寂しさを感じない。

すると、Mさん「なんか来た〜。」

百戦錬磨だけに、竿はえらい曲がってるけど、すごく冷静。

ちょうどこの時、ほんと今日イチの反応がバンバン出てたので、Mさんのファイトを横目で見つつ、タイラバとジグで探る。

あれだけ冷静にファイトしていたMさんが、「そっち走った。どいて。」

「やばいやばい、ほんとどいて。」

「ほんと絡んだら許さないぞ。」

これはマジだ。

慌てて回収して、その場を離脱。

特に芳しい反応が無いところでタイラバを巻く。

巻きながら、「そもそも、あのポイントにベイトが居るのを教えたのは小将なんだけどな〜。」

これが縦社会というやつか。

やがて遠くから、「ブリ、ブリsign01

「なんだ、サメじゃなかったのか。」と思ってたら

「こっち来いsign01写真写真sign03

近づくと、体高のあるワラサを手にポーズを決めるMさんの姿。

船を近づける間も、ずっとポーズを決めてるMさん。

船を近づけて、スマホを取り出す。

濡れた指でなかなかパスワードを入力できない。

その間もずっとポーズを決めるMさん。

やっとパチリ。

その後は

「こんなに反応が良いのに何で釣らないの?」

「もう腕がパンパン。」

「まだアタらない?」

ご満悦のまま30分も早上がり。

小将は時間きっちりまでやってノーバイト。

ああ、ジャイアン。。

|

より以前の記事一覧